くるめろとは違う

くるめろと貴様は関係ない。

トランスフォーマー:IDWアメコミ リベンジ・オブ・ザ・ディセプティコンが発売と他にも色々と凄い事に

トランスフォーマーIDWトランスフォーマー」より

 

f:id:cruelmelody:20171202131018j:plain

 

カオスシリーズ3巻「 リベンジ・オブ・ザ・ディセプティコン 」が発売

f:id:cruelmelody:20171202024937j:plain

IDW社から出版されているトランスフォーマーのアメコミ展開、オールヘイルメガトロン以降のストーリー、カオスシリーズの第3巻の翻訳版が先日11月30日に遂に発売となった。

トランスフォーマー:リベンジ・オブ・ディセプティコン

トランスフォーマー:リベンジ・オブ・ディセプティコン

 

 

 前巻にあたるカオスシリーズ2巻目「インターナショナル・インシデント」に続く内容となっており、個人的な今回の見どころはメガトロン様の大胆なイメチェン。

f:id:cruelmelody:20171122005002j:plain

*左→オールヘイルメガトロン、右→リベンジ・オブ・ザ・ディセプティコンメガトロン

オールヘイルメガトロンにて大破したメガトロンのボディは復旧困難なほどに損傷が激しく、ショックウェーブサウンドウェーブの二人―が色々と頑張り、メガトロンを新たなボディへと再生したりスペースブリッジを建造したりしていた。

一方その頃スタースクリームは…俺がニューリーダーだとふんぞり返っていつものようにピヨピヨとさえずっていた!しっかりとスタースクリームとしての職務を全うしている。さっすがスタースクリーム、ブレない!

 

f:id:cruelmelody:20171122005531j:plain

このニュールック・メガトロンは以前非正規アイテムタイラントロンのポストでも触れたが、国内ではメガトロナス(過去のメガトロン)として、プライムになる前のオプティマス「オライオンパックス」とセット販売されている。が、ご覧の通り完全にカオス仕様。

 デラックスクラスだが、変形機構が秀逸でビークルのルックスも良いので個人的に結構気に入っている。

 

智将としてのメガトロン

「リベンジ・オブ・ザ・ディセプティコン」のタイトル通り、カオスシリーズの1~2巻にて再生ポッドに入りっぱなしだったメガトロンが遂に再起動し、主を失い離散していたディセップ達の反撃が始まる今回のストーリー。

星の住民を不安定にさせ利用していく狡猾さはダークナイトジョーカーさながらであり、人の心を巧みに利用するメガトロンの智将っぷり、また仲間に対する愛の深さが遺憾なく発揮されており、安定の慈愛大帝感。

f:id:cruelmelody:20171202031146j:plain

*攻撃によってハードな損傷をしたサウンドウェーブを激おこ状態でお姫様抱っこで連れて帰る慈愛大帝メガトロン。この台詞も含め非常に印象的なシーンとなっている。

一方ロディマスが勝手に暴走して死にかけたり、バンブルが死にかけたり、不遇のコマンダーウルトラマグナスがまたしてもボコボコにされたり、ジャズが…ジャズが…オォゥ、ジャァズ…と非常に不安定でアンコントローラブルなオートボット

f:id:cruelmelody:20171202031349j:plain

*一方その頃オプティマスは…!地球人を軽く煽っていた!オプティマスは実写版も然りで少し天然でちょっと煽り癖があるところがチャームポイントだと思ってます。

G1でもお馴染み、メガトロンが恐怖(?)にて統率に成功する中でコンボイは各々の自主性を尊重しすぎた結果みんなやりたい放題でトラブる…といったいつものアレが発動。

 

2018年2月ケイオス・セオリー発売!だけど、これ多分実質2巻分

そして原語版を購入している身としては本誌の内容と同じくらい楽しみにしているのが次の巻の展開。このフォー・オール・マンカインドから始めるカオス編は原語版では

  • カオス編1巻ーFor All Mankind
  • カオス編2巻ーInternational Incident
  • カオス編3巻ーRivenge of the Dicepticon
  • カオス編4巻ーHeart of Darkness
  • カオス編5巻ーChaos Theory
  • カオス編6巻ーPolice Action
  • カオス編7巻ーChaos

の全7巻からになるのだけど、今回の3巻 リベンジ・オブ・ザ・ディセプティコンにて次の巻「ケイオス・セオリー」の発売が来年2月と発表された。

f:id:cruelmelody:20171202024429j:plain

おや!原語版4巻のハート・オブ・ダークネスが抜けているよ?といった状況なのだけど、このハートオブダークネスは元々ストーリーと関連性の薄いガルバトロンのミニシリーズだったのでカオス編のストーリーを最短距離で駆け抜けるとった雰囲気に。

さらに、上記画像の話数#25、27、29は原語版の6巻Police Actionのストーリーなので、どうやら次の巻はケイオス・セオリーとなっているが

  • 原語版5巻Chaos Theory
  • 原語版6巻Police Action

が合体したボリュームたっぷりの1冊になりそう、ワオ!

*ちなみに原語版の6巻ポリスアクションは#25.27.29の他に「スポットライト・プロール」が収録されているが、こちらも同時に収録されるのだろうか?

f:id:cruelmelody:20171202031644j:plain
f:id:cruelmelody:20171202031649j:plain

*カオスシリーズ5巻、6巻。おそらくこの2冊が1冊に…?

 

翻訳版4巻目ケイオス・セオリーが2018年2月の発売となると、カオスシリーズも残すは最終巻「カオス」のみ。

これが終了すれば遂に

  • Robot in Disguise―ロボット・イン・ディスガイズ
  • More than meets the eye―モア・ザン・ミーツ・ジ・アイ

シリーズへと突入!特に人気度の高いMore than~へとようやくストーリーが追いつくのだ!サンキュー、ヴィレッジブックス!

 

2018年春(おそらく4月?)メガトロン・オリジン翻訳化決定!

さらにさらに、これまでは裏紙裏のみだった次巻の告知だが今回は表表紙併せて2つ目の新たな告知が!

f:id:cruelmelody:20171202024623j:plain

メガトロン・オリジンが翻訳化決定!

まさかのオンゴーイング以外の読み切りが翻訳化。ディセプティコン結成のオリジン=起源に迫るメガトロン・オリジンは未翻訳ながらディセップのリーダーになるまでのメガトロンや、ディセプティコンが誕生するに至った前プライムの腐敗政治等のストーリー、特にディセプティコンの掲げる”正義”の掘り下げが為される重要な1冊。

f:id:cruelmelody:20170802234341j:plain

若かりしメガトロンのメットオフ姿は一部で話題となっており、まだ若く青臭かったメガトロンの姿が見れる貴重な1冊。

f:id:cruelmelody:20171122003606j:plain

*その頃の話とMMC社の非正規を絡めたポストはこちら

cruelmelody.hatenablog.com

 

ただ、次の巻となるケイオス・セオリーではグレートウォー以前の話が回想としてちょいちょい出てくるので、その流れを汲んだり補足しているところもあるのかも。

f:id:cruelmelody:20171202135653j:plain

大戦以前、インパクターとメガトロン。インパクターが飲み過ぎな件。

 

f:id:cruelmelody:20171202135921j:plain

2月に発売となる次の巻ケイオス・セオリーではプライムになる以前のオプティマス、「オライオンパックス」も回想で登場。西部警察ばりにオラついている正義の警察官。こちらもマスクが外れている珍しいショットでメットオフ・メガトロンのように若干レア。

f:id:cruelmelody:20171202140148j:plain

このオライオンパックスのデザインめちゃかっこいいよね。

IDWトランスフォーマーの前身、ジャイブが翻訳していたドリームウェーブ版トランスフォーマー「ザ・ウォー・ウィズイン」に登場するオライオンにも共通しているスタイルなんだけど、このタイヤが肩にマウントしているデザインのオライオン/オプティマスが公式のトイで出ないだろうか。

トランスフォーマーウォー・ウィズィン (#1) (JIVE AMERICAN COMICSシリーズ)

トランスフォーマーウォー・ウィズィン (#1) (JIVE AMERICAN COMICSシリーズ)

 

 

今後の展開が楽しみすぎる

凄いぜヴィレッジブックス!「熱い声援にお答えして…」との事だが、これはつまりひょっとするとモア・ザン・ミーツ・ジ・アイの補完に必要なラスト・スタンド・オブ・レッカーズやメガトロン・オリジンと関連性の高いオートクラシー、その他のミニシリーズの翻訳化も期待できるのでは。

唯でさえ厳しいとよく耳にする出版業界の中でここまでトランスフォーマーのアメコミが翻訳化されていくとは、このままの勢いを保てば翻訳版TFコミックで本棚が埋まるのも夢ではなくなりそうな熱い展開。このブログをここまで読んでいただいたり、あるいはトランスフォーマーのアメコミ展開が・あの話が気になる…という方は是非ともこれまでの巻や今回の「リベンジ・オブ・ザ・ディセプティコン」をゲットして頂き、売上が上がることで更にIDWトランスフォーマーの翻訳化が進んでいくことを祈っています。

 

  

Transformers: Autocracy

Transformers: Autocracy