くるめろとは違う

くるめろと貴様は関係ない。

トランスフォーマー:KINGDOM War for Cybertron ワスピネーター a.k.a. ワスピーター

トランスフォーマー『KINGDOM War for Cybertron』より

f:id:cruelmelody:20210923154331j:plain

ズズズズズズズ…

くるーるめろでぃ!そんなわけで私です。3ヶ月近く眠っていた当ブログも…と書いてみたものの前回は8月にポストを行っており、思ったよりもスロウな昨今。

ここ最近はというと、唐突に絵が書きたくなり普段あまり持たない筆を執ってみたりと、ようやく涼しくなり始めたこの頃であるがまだ残暑どころか酷暑の中、芸術の秋を先取りしていたのであった。

 

しばらくは落ち着いていたトランスフォーマーのトイライン海外展開も遂にWave4にて再始動が始まり、更にはWar for cybertron3部作終了後、来年以降の展開となる「レガシー」のリークが発表。来年に向けた新たなシリーズが大きく胎動を始めた。

レガシーを含む新シリーズ展開の所感は次回のシャドウパンサーのポストの際に触れようと思っている。

 

KINGDOM:Wave4 デラックスクラス ワスピネーター a.k.a. ワスピーター

f:id:cruelmelody:20210923154141j:plain
f:id:cruelmelody:20210923154144j:plain
f:id:cruelmelody:20210923154148j:plain

そんな訳で遂にキングダムシリーズもWave4に突入。ネメシスプライマルを含めたワールドコライドセットやシャッタードグラス、ラヴィッジセットなど、限定のウルトララッシュに辟易としていたが、ようやくのメインラインにてワスピネーターの登場となった。

 

f:id:cruelmelody:20210923154215j:plain

毎度話がクソ長い訳なので今回もこのワスピネーターへのジャッジメントを早々に下してから話をしよう。

という訳で今回のワスピネーター、全体的な仕上がりは個人的には好きな部類で、とても気に入っている。キングダム(WFC)基準のアクション性や、全体的なバランス感が非常によく、またこれまでの玩具で再現されることがなかった細かいディテールなど、全体的なバランスが非常に良い。特筆するような驚きはないが、手にとった際の安心感がエグいアイテムとなっていた。

しかしながら、これまでのキングダムビースト勢の出来がどれもべらぼうに良く、また後述するが2013年に発売されたジェネレーションズライン、スリリング30版の出来が非常に良かった為に細かい点が悪目立ちしてしまうような、そんななんとも言えないファジー差を兼ね備えている。詳細は以下だ。

 

ワスピネーター ロボットモード

f:id:cruelmelody:20210923154158j:plain
f:id:cruelmelody:20210923154201j:plain

既に散々ぱら語り尽くされているかと思うが、今回のキングダム版ワスピネーターはまず何よりも色がかなりワイルドだ。緑や黄色の発色がエグく、更にはこれまでクリアや乳白で表現されてきた羽もパープルのクリアと諸々どギツい。ただ全体的な配色や塗装による再現性という点ではかなり原作に近い色味となってはいる。

 

f:id:cruelmelody:20210923154204j:plain

前述の完成度の高かったスリリング30版に対して、全体的にトイ感のあるポップな仕上がりとなっている。ディティール部分も同様で特にビースト時の足はハズブロ基準の安全性の問題からかかなり太ましく、全体的にディフォルメ感の強い仕上がりだ。

こうなると完全に好みの問題となってくるのだが、これらのコントラストの強い配色やディフォルメによるトイ感はあまり気にならず、ルックの部分では個人的には特に気に入っている。

とは言え、世界中のビーストファンから異様に愛されているワスピネーター。同作品のチータスも同様ではあるが、過去に凄まじいほどのリカラーが発表されているので…。

こんな辺境のブログでのフォロー等お構いなしにプレミアムフィニッシュとかネットフリックス版とかでより渋いカラーを出すんだろう!どうせ!

…そりゃ買いますよね!えぇ、もう!……糞が!

 

f:id:cruelmelody:20210923154244j:plain

前回のスリリング版も頭部の出来は素晴らしかったのだが、キングダム版はこれまでに無かったアンテナ?部分へ黄色と黒の塗装がしっかりと再現されており、形状も更に原作に近いものとなっている。また、後頭部は目と一体のクリアパーツで整形されているため集光が生きている。

 

ここが残念だよ、ワスピネーター1 ーキングダムあるある言いたい~♪「武器がしょぼくなりがち」

f:id:cruelmelody:20210923154209j:plain

これまでの玩具同様にビーストの針部分を取り外すことで武器となるのだが、残念なことに過去のトイにあった「取り外した物から銃身が出る」ようなギミックはなく、完全に蜂のお尻を持つスタイルに。

…はい、でました、お馴染み「キングダムあるある」でございます。全体的な仕上がりは決して悪くないのだが如何せん武器がしょぼいのがキングダムSTYLEである。

 

f:id:cruelmelody:20210923154213j:plain

可動面に関して。相変わらずのWFC基準と言った内容で基本的な可動は可能に。デラックスクラスでは差異のある手首のロールはこちらには配置されている。スリリング版では膝の屈伸可動が絶望的に浅く、まったく足を曲げられなかったのだが、そのウィークポイントもしっかりと回収され90度前後の屈伸が可能となっている。

スリリング版はルック部分に関してはかなりの完成度を誇っていたのだが特に下半身の可動に大きな問題を抱えていた。特に前述の膝は完全に爆弾を抱えていると言って差し支えないほどのピーキー仕様であり、そこと比較するとキングダムはWFCシリーズのトイ同様にしっかりとアクションフィギュアとしての側面を発揮できる可動性能となっており、そこが今回のキングダム版で最も重要なストロングポイントでもある。

 

f:id:cruelmelody:20210923154206j:plain
f:id:cruelmelody:20210923154222j:plain

しかしながらスリリング版では可能であった首の可動、見上げるような動きが今回は出来ず…これは空を飛ぶキャラクターにとってはかなり致命的で本当に残念な点。

画像が最大限見上げるように角度をつけたものとなり、ワスピネーターが劇中で見せるような"地面と平行に飛行し顔を前に向けるようなアクション"は不可能となっている。

 

f:id:cruelmelody:20210923154232j:plain

既に当時品があーだ、スリリング版がこーだと、画像ものせずに街頭演説をブチかましてきた訳だが、画像がなければなんのこっちゃかと思うので。左からキングダム版、スリリング版、当時品。

スリリング版は2013年のリリースの中では異様なほどにルックの完成度が高く、なんなら2020年現行のキングダムラインの中に放り込んでも余裕で現役続投できるような、いや、むしろ現行と比べてもまだディティールが細かすぎて浮くレベルの高クオリティ具合。

しかしながら可動などのアクション性が膝一点突破であまりにも壊滅的であり、その点ではキングダム版に軍配が上がる結果となっている。

 

ここが残念だよ、ワスピネーター2 ースリリング30 ver1.2的な

f:id:cruelmelody:20210923154240j:plain

しかしながら、正直言ってキングダム版のワスピネーターはスリリング版のちょっとしたアップデートレベルに留まってしまっているとでも言おうか。。後述するが変形の構成もスリリング版に毛が生えたレベルであり予定調和的、正直あまりワンダーがないのである。

また、個人的に最も気になるのウィークポイントがビーストの足とその処理であって、今回のワスピネーターはこれまでのトイの中でも最もビースト足が悪目立ちし、更に言うとそもそもビースト足の配置が大前提として原作と異なっているのだ。

※ワスピネーターは劇中では腕にビースト足が2本の構成である。

 

f:id:cruelmelody:20210923154237j:plain

そもそもの当時品からして完成度が高く、「似てないのは顔面だけ」と言っても過言ではなかったのだが。※ビースト玩具あるある「顔全然違う奴がち」

 

なんだろう、流石にロボ足のビースト足はやっつけ具合のスピード感がドライブしまくっている。凄まじいスピード感のストレートでやっつけている。あまりの速度でつい見逃しがちだが、ビースト足、めっちゃそそり立っているのだ。

まさか、当時品の足のほうがきれいに整理整頓されている事になるとは。ていうかこのビースト足、どこが正位置なのかもよくわからない。どこに配置しても四方八方に迫り出しまくってどこかしらと干渉するのだ。

何度も言うが、個人的に今回のワスピネーターの全体的な仕上がり、トーンは気に入っているのだが、それ故にコレまでに上げたような細かい部分が気になってしまう、非常に惜しい内容だと感じている。

 

BW屈指のコメディリリーフとしてのワスピネーター

f:id:cruelmelody:20210923154226j:plain

これまでも散々言及してきたが、国内版ビーストウォーズでは各キャラの既存の個性値に対し、吹き替え改変によって殆どのキャラのセリフを尽くユーモアに全振りすることでキャラが改変されまくっているため気付きづらいのだが。

しかしながらワスピネーターは”おもしろ”吹き替えのみではなく、映像表現のみでも気付けるようなコメディリリーフであり、原語版ではその役目を遺憾なく発揮している。

ラットルに頭を摩り下ろされ頭部から火花が散り、トムとジェリーのようなペチャンコ形状になり、首がふっとばされて頭部を太鼓扱いされてひっぱたかれたり、極めつけに正方形のスクラップにされる始末である。

f:id:cruelmelody:20210923201825j:plain

※画像はTFwikiより。

原語版では声や喋り方にも癖があり、なかなかにファニーなキャラの為かファンからも愛される存在であり、BW終了後も玩具リメイクやリカラー、後のアニメへのゲスト出演なども非常に盛んであるのだが。日々「岩浪”爆笑”吹き替えver」をこき下ろしまくる私であっても、「ワスピーター」役の加藤賢崇氏の演技はオリジナルの雰囲気を上手いこと国内版ローカライズしている印象があり、この点は非常にリスペクトしている。

 

 

デラックス怖い(まんじゅう的な意味じゃなくて、マジで怖い)

f:id:cruelmelody:20210923154318j:plain

だいぶ話が脱線したが。現状のキングダム版プレダコンズメンバーとの比較。ビーストメガトロン以外はすべてデラックス止まりとなっているため、未だにマクシマルズとの戦力差が激しい。

また直近の過去作であったスコルポノックが目をつむりたくなるような惨状であったが故に昨今はデラックス恐怖症とでも言うべきか、、デラックスクラスと聞くとそのクラス制約によってせっかくのリメイクの機会が不完全燃焼で消化されてしまうようなナーバスな気持ちへとスライドしてしまう。

とは言え、冒頭でも触れた来年以降の新規展開「レガシー」ではインフェルノヴォイジャーで予定されている。

 

f:id:cruelmelody:20210725130119j:plain

というか、こうしてみるといつも優勢に見えていたプレダコンズは体格差で見ると意外と劣勢だったのでは?という気付きがある。

スケール統一でリリースされているキングダムを準拠とすると、オプティマスプライマルを除き、既に発売が決定しているタイガトロンも含めマクシマルズにはライノックス、ダイノボット…とヴォイジャーが3体もいるのだ。対してプレダコンズには現状判明しているインフェルノのみ。

 

ちなみにその他にもタランチュラス(タランス)がデラックスクラスにて予定されている。

……デラックスッ!※ナーバス

また、テラザウラーも以前のリークではデラックスクラスでのストア登録が報告されている。

……デラックスッ!※ナーバス!

 

 

ワスピネーター ビーストモード

f:id:cruelmelody:20210923154247j:plain
f:id:cruelmelody:20210923154250j:plain
f:id:cruelmelody:20210923154257j:plain

だいぶ話が脱線したのでビーストモードはサクサクいこうと思う。

後述するが変形の構成もスリリング版に毛が生えたレベルであり予定調和的、正直あまりワンダーがないのである。

前述にて上記のように触れたのだが、基本的にはこのとおりであり変形機構、特にロボ足の処理方法がほぼほぼスリリング版を踏襲しており、それ故にビーストのルックを高い水準で再現しているキングダムラインでは若干厳しい見た目をしている。

いや、「厳しい見た目をしている」は誤りであり、スリリング版が7年も前に既にかなり高い水準(現行のキングダムラインへアプローチできるような)でやってのけてしまった、が正しいのだろうか。。

 

f:id:cruelmelody:20210923154312j:plain

スリリング版との大きな違いはロボ腕の処理であり、ここはスリリング版から更にブラッシュアップされており、スリリング版では昆虫の体にただ沿わせていた腕が、キングダム版ではしっかりと体内に格納されており、ここは確実な進化が伺える点。

 

f:id:cruelmelody:20210923154257j:plain
f:id:cruelmelody:20210923154301j:plain
f:id:cruelmelody:20210923154309j:plain

また、これまでもキングダムラインのビーストは「よりマジなビースト」へと明確に差別化されていると散々言及してきたのだが、今回のワスピネーターも同様となっており、ビーストの眼はスズメバチをよりリアルに再現した弧を描くようなカーブでデザインされている。

国内版では蝿だ蝿だとさんざんいじられてきたが、エッジの効いた目のデザインにより蜂としてのアイデンティティを主張している。

 

f:id:cruelmelody:20210923154315j:plain

ビーストモードでの当時品(左)、キングダム版(中)、スリリング版(右)の比較。

こうしてみると前述の通り当時品からして完成度が高い。まるで◯千年前の地層から電池のような構造のものが…!みたいなオーパーツっぷりで今でもこれ普通に遊べるじゃんよ。

 

次回シャドーパンサーは既に暗雲が立ち込めているのでリークの話でお茶を濁そう

f:id:cruelmelody:20210923154323j:plain

以上、War for Cybertronトリロジーの最終章「キングダム」Wave4より、デラックスクラスのワスピネーター。

個人的には非常に満足できる内容だったのだが、当時品もスリリング版もオーパーツかよっていうレベルの高さが故、異様な期待をかけてしまった事が否めない。基本傑作のはずなのだが。すまない、こちら側のテンションがバグってしまっているのだ。

f:id:cruelmelody:20210923203656j:plain

次回は既に到着しているシャドーパンサーのはずなのだが。※もう写真撮ったし

しかしながらこいつはこいつでキングダムの中でも厳しい評価のチータスリカラーというカルマを背負ってしまっているので。冒頭にも触れた新シリーズ展開「レガシー」のリーク所感などでお茶を濁しつつ書くはずだ。おそらく、たぶん。

 

おわり

 

 

 

トランスフォーマー:SHATTERED GLASS COLLECTION シャッタードグラス スタースクリーム a.k.a SGスタースクリーム

トランスフォーマー「Shattered Glass Collection(2021 hasbro toy line)」より

 

f:id:cruelmelody:20210811012048j:plain

暗黒チェンジ!

気付けば単スパンで4連投、お盆休みという事で昨今は驚くことに凄まじいスパンでポストしまくっているわたくし、くるめろのドープネスタイムでございます。ここまで頻繁にポストするとド頭にする無駄話も枯渇するのだナァ…と驚くばかりだ。

そんな訳で怒涛の限定ラッシュ4回目、またしても海外販路限定、国内導入不明のアイテムとなっているがそれに関しても散々ぱら書いたのでもう出る屁もない。

しかしながら、消費活動は止まらない。昨今はと言うと、プレミアムバンダイにてゼンカイジャーに登場するステイシーザーの「ギアトジンガー」やミニプラ「バトルシーザーロボ」を予約したりの日々である。

気付けば幼少よりタカラトミー玩具の申し子のような存在だった私なのだが、ゼンカイジャーはちょっと異常なまでに面白い。そしてステイシーは可愛い。

これまでライダーや戦隊に登場する2.5次元イケメン舞台俳優みたいな存在には「イケメンだけどみんな顔がカッコよすぎて顔全然覚えらんない」程にしか感じなかったというのに、毎週日曜テレビの前に正座し「ステイシー可愛いなぁ!おい!」等と若い男の子に沸き立つ事になろうとは!恐ろしいな!特撮!

 

シャッタードグラス スタースクリーム

f:id:cruelmelody:20210811012051j:plain
f:id:cruelmelody:20210811012054j:plain
f:id:cruelmelody:20210811012056j:plain

これまでSGオプティマス、SGラチェット、SGブラー…とオートボットの面々ばかりの商品化が続いたが、前回のSGメガトロンに続き"ヒロイック・ディセプティコン"の2体目シャッタードグラス展開の「スタースクリーム」が到着した。

ボックスはSGブラーやSGメガトロン同様の仕様となっており、ボックスの一部(インシグニア等)はニスを引いたようなテカリのある若干凝った仕上がりとなっている。

 

f:id:cruelmelody:20210811012058j:plain
f:id:cruelmelody:20210811012059j:plain

SG展開では通常ユニバースの"ヒロイック"オートボットのキャラカラーがSGユニバースの"ヒロイック"ディセプティコンに適用される事が通例で(これは敵対する"イーヴィル"オートボットも然りなのだが)SGスタースクリームのカラーは通常ユニバースで研究者の同僚だったとされるジェットファイアのカラーが元ネタとなっている。

大掛かりな改修が必要だったSGメガトロンと違い、SGスタースクリームは元となるシージ版スタースクリームのリカラーの範囲に留まっている。

f:id:cruelmelody:20210811012102j:plain

元となるシージ版スタースクリームの可動だが、やや難点のあったシージ版メガトロンと違い、全体的に非常に良く出来ている。詳細はシージ版の際のポストを参照。

cruelmelody.hatenablog.com

ただ、当時のポストにも記載をしているのだが、これはシージ版登場までのスタースクリームの玩具事情がかなり不遇の焼け野原状態だったという問題を「解決した」という結果に基づくもので、以降も良作が多数排出されていったWFC基準で見ると既に気になる部分があるというバブルっぷり。WFCシリーズは化け物か。

  

f:id:cruelmelody:20210811012108j:plain
f:id:cruelmelody:20210811012110j:plain

シャッタードグラス界のスタースクリームは信じられない程のナイスガイで、通常ユニバースと合わせても随一のヒロイックなマインドを持つキャラクターなのだが、シージ版のスタイルは勿論だがカラーリングも相まってルックも一発で正義と判別できそうな姿に仕上がっている。シンプルにカッコいい。

 

f:id:cruelmelody:20210811012104j:plain

そもそも通常ユニバースのスタースクリーム自体も黙っていればイケメン、いや、黙って、余計なことしなければイケメン、いやいや、黙って、余計なことしないで、自信過剰な言動を控えて、惨めなへつらいを見せなければイケメン…なので。日々世界規模でバカにされまくるスタースクリームの評価は全てそのマインドが問題なのだということがよく分かる内容になっている。

 

f:id:cruelmelody:20210811012106j:plain

これは以前にも触れているのだが、シージ版のスタースクリームは変形・構造のおかげで見上げるようなポーズが可能となっており、この可動によって空を飛ぶキャラとしての魅力を最大限に引き出すことが可能となっている。個人的にこの型でとても気に入っている部分だ。

またこちらも当時のポストで触れているがとにかくモールドおばけで、ほぼ白一色になった姿でもあまり間延びせずに締まった印象となっている。

 

f:id:cruelmelody:20210811133632j:plain
f:id:cruelmelody:20210811012112j:plain

またBOTCON2008版がギャラクシーフォーススタースクリームのリデコだった(画像左)ということも有り、SGスタースクリーム=腕から伸びるブレード、という印象が非常に強かった。

そういったこれまでの意匠を引き継ぎ、今回の2021年版には「エネルゴンソード」が付属している。

 

f:id:cruelmelody:20210811012114j:plain
f:id:cruelmelody:20210811012116j:plain

この剣は2対に分割が可能となっており、合体時もしっかり持てるように片側の持ち手が長くなっている。

 

f:id:cruelmelody:20210811012122j:plain

また持ち手の他にも5mmピンが別途配置されており、腕にマウントすることで当時品の再現も一応は可能となっている。

 

f:id:cruelmelody:20210811012118j:plain

スタースクリームに手持ちの剣というイメージがあまりなく、というかそもそもTF界の手持ち剣キャラってドリフトやウィンドブレード、ブラジオンなどの侍キャラが多い印象の為、二刀流を振り回すSGスタースクリームは意外と新鮮だ。

 

f:id:cruelmelody:20210811012121j:plain

※こちらのゴールドバグはBOTCON2008のアイテム

またIDWコミックにおいて既に発売済みor決定している、SGオプティマス、SGラチェット、SGブラー、SGゴールドバグ、SGジェットファイヤに、剣を持ったSGスタースクリームがボロボロの状態で取り囲まれているアートが公開済み。コミック展開が非常に楽しみである。

余談だが、国内のリーフ取り扱いもSGだと即完とかあるのだろうか。なにそれ、怖い。

 

SG史上最も悪い冗談みたいな存在

SG展開は基本となる「善悪の反転」がよく取り沙汰されるが、個人的にはそれ以上に「キャラの性格の反転」がとにかく強烈で、その内容は時として頭を抱えてしまうような悪い冗談の連続である。

※ストラクサスはSG世界では「ダークマウントの詩人」と呼ばれ、詩を歌うのである。悪夢である。

個人的にそんなSG世界の中でも群を抜いて悪い冗談みたいな存在がSGスタースクリームであると感じている。

例として。SGスタースクリームは過去に2回BOTCONとTFSS(TFサブスク)にて商品化され、その際にキャラクターを説明するテックスペックカードにキャラクターのバイオが記載されているのだが、それを当時品とのトイ比較と合わせてご紹介しよう。
※全編通してド素人の翻訳です。参考程度に。

 

f:id:cruelmelody:20210811012129j:plain

二重の黄ばみ~~~アアァ~~~!※比べたら当時品めっちゃ黄ばんでてすごく悲しい、という意味。

BOTCON2008年版

スタースクリームはその若さでサイバトロンにあるクリスタル科学大学を主席で卒業した素晴らしい科学者の1人だった。オートボットディセプティコンによる”グレートウォー”が始まった時にオプティマスプライムスタースクリームを仲間に加えようとしたが、彼は拒否する。結果としてオプティマスはクリスタルシティの破壊を命じ、スタースクリームは恐怖の中でそれを見ていた。その直後、スタースクリームディセプティコンに救出され、自身の決意を決めることとなる。

彼はメガトロンに人生を捧げる事を誓い、オートボットと戦うために自身の化学技術を注ぐことを決める。彼が研究する中でメガトロン独自の技術をベースに、より複雑なトランスフォーメイションを設計し、オプティマスの圧制に効果的に対抗できる武器を開発した。

彼は厳格な態度と情熱的な希望で仕事へと取り組んでいる。いつの日か、破壊のためではなくサイバトロンの再興の為にその技術を使う日が来るだろう。

 

ここではベースとなるSGスタースクリームのバックボーンが語られているが、大学を主席で卒業し、その能力はイーヴィル・オートボットヘッドハンティングをされる程と伺える。バイオ内にはさらっとメガトロンの忠誠へと人生を捧げる等と、なかなかにナイトメアの雰囲気を呈しているが、TFCC版では狂気がさらに加速する。

 

f:id:cruelmelody:20210811012132j:plain

※変形工程が間違っているのだけど、私はこのルックが好きなのでずっとこうです。

TFCC版

優しく、謙虚で、信じられないほどの科学的な考え方をもっているスタースクリームは全ての仲間達から愛されている。

メガトロンの一番の側近でありパーソナルメディックとして、スタースクリームのリーダーシップと技術は有効に活用されている。カリスマ的で有能な指揮官であるにも関わらず、スタースクリームはメガトロンこそがディセプティコンのリーダーに最も適していると考えている。

また、彼からの抗議がすぐにでも飛んで来るだろうが、スタースクリームディセプティコンの中で最も洗練されたハンサムであると多くの仲間が思っているのだ。

彼は偽りのない議論こそがオートボットとの戦争を終わらせるための鍵であると信じている。

…以下性能の紹介文へ続く

 

優しく謙虚!

リーダーシップ!

カリスマ!

有能な指揮官!

洗練されたハンサムとみんなが思ってる!

偽りのない議論!

 

キモい!そう、このスタースクリーム普通に清廉潔白過ぎてむしろちょっとキモいのである。

 

f:id:cruelmelody:20210811115555j:plain

更にSGスタースクリーム(with SGメガトロン)の快進撃は止まらない。

スタ「マイティ・メガトロン!あれですよ!~」(指パッチン!)

メガ「もちろんだとも!君は天才だな、スタースクリーム!」

※その後も

スタ「グレートリーダー!(メガに向けて)、ならば私が提案したいのは~」

 と、この二人はSG世界では始終お互いを必要以上に尊重したイチャイチャぶりでSGメガトロンはSGスタースクリームこそがヒロイック・ディセプティコンのリーダーに相応しい!とか言っていて、SGスタースクリームは謙虚でナンバー2でいいですよ的なスタンスでSGメガトロンを尊敬していて、つまり普通にキモいである。

 

f:id:cruelmelody:20210811012125j:plain

綺麗なジャイアンを見ているような違和感に近い。結果としてい良い方向に事は進んでいるのだが、凄まじい悪夢のような冗談。

 

f:id:cruelmelody:20210811012126j:plain

だいぶ余談が続いてしまったが、これらはあくまでもこれまでのシャッタードグラスなので、今後のSGスタスクとSGメガトロンがどんなキャッキャウフフを展開するか、乞うご期待である。

 

シャッタードグラス スタースクリームビークルモード

f:id:cruelmelody:20210811012133j:plain
f:id:cruelmelody:20210811012136j:plain

シージ版を使用しているので当然ながらテトラジェトに変形するのだが、SGメガトロンのようなタンク→ジェットという大幅な改修は無いため、特に専用のアレンジなどはない。

f:id:cruelmelody:20210811012138j:plain
f:id:cruelmelody:20210811012140j:plain

 ただ塗装はオリジナルのシージから大幅に変更されており、元ネタであるBOTCON版をかなり意識した配色となっている。特に機首部分の塗装は明確にギャラクシーフォース版を意識しており、インシグニアの位置もBOTCON版を踏襲するような位置へ。

ギャラクシーフォース版も強引に言ってしまえばテトラジェットなので思った以上に違和感はない。

f:id:cruelmelody:20210811012142j:plain

ちなみにTFSS型はF18っぽい戦闘機へ。こちらはリデコ元であるコンバイナー版スカイダイブと同様。

 

サイドスワイプに決まっている

以上、Shattered Glass Collectionより、シャッタードグラス・スタースクリーム

これまでWFCトイをメインに展開がされているシャッタードグラス・コレクションだが、以降のリリースはゴールドバグと大物ジェットファイヤーと少しばかりオートボットへの戦力の偏りが気になる所。

f:id:cruelmelody:20210811012145j:plain

ヒロイック・ディセプティコンにも増員を!ということで、リカラーと言ったらこの人サイドスワイプがシャッタードグラスで出ないわけがない!と勝手に期待に胸を膨らませている。

いやいや、サイドスワイプオートボットでしょうがよ…と思われた方も多いかと思うが、SGサイドスワイプはSGオプティマスに半殺しにされて正義のディセプティコンへ鞍替えしたという経歴を持ち、マイクロン伝説のランページ(海外ではアルマダホイルジャック)の象徴的な胸の傷を利用した設定となっていたのだ。

 

f:id:cruelmelody:20210811150414j:plain

G1ベースで考えたらサウンドウェーブも出てほしいところなのだが、BOTCONアイテムでは車に変形したサウンドウェーブを如何にして再現するか、スペースクルーザーなのか、ラジカセなのか。

あるいはBOTCON版SGサウンドウェーブがアイアンハイドやラチェット型を使っていたのだから、今回も同様アイアンハイド/ラチェット型でも有りなのではないだろうか。

このように、SG展開はどの玩具の型がどんなキャラに当て込まれるか?といった視点での楽しみ方もあると感じている。

 

次回、シャークティコンノーの話がしたかったけど多分しない!

にて、乞うご期待!

 

 おわり。