くるめろとは違う

くるめろと貴様は関係ない。

トランスフォーマー:SIEGE War for Cybertron スピニスター とスカベンジャーズ

トランスフォーマー『SIEGE War for Cybertron』より

 

f:id:cruelmelody:20191223233405j:plain

 

My Bloody Chirstmas

まさか年内にもう一度更新するとは思わなかったぜ、皆さんこんにちは私a.k.a.くるーるめろでぃです。

長期休暇フゥゥゥゥゥーーーーー!とテンションがぶち上がるなか、現在アマゾンUSをメインに商品を購入しているトランスフォーマーファンにブラッディーレインが降り注いでおりますがご存知だろうか。

時をさかのぼり12/23の早朝、国内ではタカラトミー限定となるWar for Cybertron第2弾アースライズ商品「グラップル」注文者へアマゾンUSから突如の注文キャンセル絨毯爆撃が開始。

予約開始直後にオーダーしていた人(わたしです)もキャンセルを食らっている謎具合に、販売の地域制限や果てはタカトミが介入している等のトンデモ陰謀論までが囁かれる中、、

f:id:cruelmelody:20191228123934j:plain

同日夜には国内でも通常販売されるオプティマスやスタースクリーム等のリーダー・ボイジャークラスが総キャンセル。このキャンセルは日本国内ユーザーのみならず、アメリカの利用者も同様との事で。

バトルマスター(だっけ?)は買ってないので不明だが、現状何故かデラックスのみ持ちこたえてオーダーが継続されている状況で、なんかよくわかんねーけど大量ショートしてるっぽいのだ。

そんな訳で翌日は通常業務の他、今後毎年1回の特殊任務となるサンタさん業の記念すべき(ほぼ)初ミッションだというのに、おやじであるこの僕が自身のおもちゃ確保のためにネットを駆けずり回るという醜態を晒す事となった。

しかしながら、凡そ海外アマゾンというのはこんな感じの"やらかし"を度々行うポンコツなのである。

以前の爆発的な円安の中、同リージョンで国内でも視聴できるDVDBOXをアマゾンUKでよく買っていた時期があったのだが、当時から一方的なキャンセルや発送の不備、梱包のでたらめ具合は一定の「くおりてぃ()」を保っている。

海外アマゾン「やっちゃったぜ」

f:id:cruelmelody:20191228125143j:plain

つまり、海外アマゾンは基本「やっちゃう」企業なので、これに対する自己防衛策は常に持っておいたほうが良い。

何も海外TFはアマゾンでしか変えないわけではない。海外のトイショップ、中国経由のネットストア、また若干割高にはなるが国内の輸入ショップ等、また手元に届くのは遅れてしまうが当然ながら国内タカラトミールートという安全な手段が最後の砦として残っている。

国内ではタカラトミーモール限定となるグラップルは既に受注を締めているが、上記海外・国内輸入ショップで購入可能なので、悲しみに打ちひしがれ呪詛の言葉を書き連ねる前に是非そちらもあたってみては如何だろうか。

 

SIEGE:Wave5 デラックスクラス スピニスター

f:id:cruelmelody:20191223233411j:plain
f:id:cruelmelody:20191223233415j:plain
f:id:cruelmelody:20191223233417j:plain

前回のエイプフェイスは「な~んか違うんだよなぁ~…な~んかな~、、違うんだよな~~」と100点満点の"なんか違う感"を放つ、お手本のような消化不良具合だったのだが、今回のスピニスターはそんなモヤつく僕の頭を脳天から足の先までをナタでパッカーン!と一刀両断するレベルの爽快感、スマッシュヒット、傑作が来たぜ!

トランスフォーマー シージシリーズ SG-42 スピニスター

トランスフォーマー シージシリーズ SG-42 スピニスター

  • 発売日: 2020/01/25
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 かなり脱線したが、そんな訳で今回はWar for Cybertronの第1弾のラストウェーブ、Wave5からデラックスクラスのスピニスターなんです。

 

f:id:cruelmelody:20191223233421j:plain
f:id:cruelmelody:20191223233424j:plain

 まず何より色が最高にいい。当然ながら当時品の再現なのだけど、より鮮明にドギツくされたイカれた配色となっており、フォルム等全体的にリファインされ現代的になっているにも関わらず溢れ出る80'sおもちゃ的バブリー感が半端じゃない。とんでもなくスマートなのにめちゃくちゃダサい。※いい意味で。

それだけで既に170点くらいあげたい、パッケージに入っている時点で実感できる名作感。配色の勝利だというのが個人的な感想。

 

f:id:cruelmelody:20191223233504j:plain

色もそうなのだが、それに加え顔面のディテールも非常にいい。

当時品からよりツノにエッジがかかり、プロールとコンボイを合体させたディセップ兵士を車で4回はねて、下水道で青汁を点滴したようなMAD感。

 

f:id:cruelmelody:20191223233428j:plain
f:id:cruelmelody:20191223233437j:plain

ルックスに集中砲火してきたがスタイルも抜群によく、手足の長さも理想的。足の付け根部分の構成がスプリンガーと同様で若干厚みが足りず、敢えて突っ込むならこの部分のみが気になる。

ボイジャークラスであったエイプフェイスには無い手首や腰のロールがしっかりとあるなど可動域も良好。手首隠しの穴も無く、脚折りたたみ為に膝下が空洞となっているが、こちらを隠すカバーも付属。シージの標準、あるいは比較的レベルの高い水準となっている。

 

f:id:cruelmelody:20191223233441j:plain

武器に関しての詳細は説明書では言及されていないが2丁のダブルガトリングガンが付属。

当時品では2丁のがターゲットマスター「ヘアスプリッター」と「シンジ」がパートナーであり、今回その部分は別途販売されているバトルマスターで補完されている。

トランスフォーマー シージシリーズ SG-43 シンジ

トランスフォーマー シージシリーズ SG-43 シンジ

  • 発売日: 2020/02/22
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 彼のパートナーの一体であるシンジは国内でも購入が可能だが、しかしながらもう一体のヘアスプリッター=シュルートは海外アマゾン限定となるファントム・アタック・スクァッドロンのセット同梱となっており、国内正規での入手は不可能という不親切な状態となっている。

ヘアスプリッターことシュルートを同梱したファントムアタックスカッドロンのブログはこちら。

cruelmelody.hatenablog.com

 

f:id:cruelmelody:20191223233508j:plain

ギミックとして嬉しかったのが背中に背負っているヘリの羽をしっかりと固定できる部分。

同シージシリーズ「スプリンガー」のヘリ羽がトゥルントルゥンで、押し込みやはめ込みで固定できなかったことに対して、今回のスピニスターはもろにロボモードのデザインへ干渉してくる為か、はめ込みによる固定が可能。

 

f:id:cruelmelody:20191223233458j:plain

これまで実写版をリメイクしたBotconの限定品(全く似てない)や、コンバイナーウォーズ期のアルファブラボー(fromスペリオン)をリデコしたTFSS限定版(目の処理が超雑)等、スピニスターはG1の当時品以降もリメイクに恵まれなかった。

そういった経緯を踏まえても、というかこのあたりを全く踏まえなくとも、非常にレベルの高い良作。構造に特筆するべきものは無く非常に標準的なのだけど、その一つ一つがとても丁寧に作られている傑作となっている。

 

ビークルモード

f:id:cruelmelody:20191223233522j:plain
f:id:cruelmelody:20191223233527j:plain

当時品を精巧にリファインするという点において、ビークルとの整合性が高いのも今回のスピニスターの素晴らしい所。基本的なデザインはそのままにつま先をスタブウィングに見立てるあたりのデザインセンスとそれに伴う変形ギミックは見事だ。

 

f:id:cruelmelody:20191223233544j:plain

 おそらく誰もが気にしていた、「キャノピーが両足についてるんですけど」問題のからくりはこんな感じ。

当時品の膝下分割していたキャノピー足の構造を踏襲しつつも、片足のキャノピーを底面へとしまい込むことで、ビークル・ロボ共によりスマートなルックスへと完全リファイン。

 

f:id:cruelmelody:20191223233539j:plain

 当時品同様2丁の銃はスタブウィングへマウント可能。唯一気になる部分は手がモロ見えしている部分だが、その恩恵によって手首の回転が可能となり、手首収納部分の空洞が無くなっていると考えれば、個人的に全然ありなのであまり気にならない。

 

スピニスターとIDWスカベンジャーズ

 以前のポストでも「レジェンズ版ミスファイアは絶対に買ったほうがいい」や「シージのスピニスターはIDWを追っている人は絶対に買い」等と、散々喚き散らしてきた。

というのも、先日国内でも邦訳が開始されたIDWトランスフォーマーの「モア・ザン・ミーツ・ジ・アイ」において、彼らはスカベンジャーズというチームとして行動を共にし、ストーリーの中核を担う非常に憎めない存在として登場を果たすのだ。

f:id:cruelmelody:20191229003232j:plain

スカベンジャーズは

クランクケース ー頭が削れているのがチャームポイントな堅物

クロック ーオルトモードを持たない軍事戦略化

フライホイール ー嘘を付くと変形してしまうプライマス信者(足がでかい)

ミスファイア ー注意欠陥・多動性障害の馬鹿

スピニスタ ー軍医だがびっくりするほど馬鹿でびびり

フルクラム ーオルトモードを爆弾に強制改造された特攻隊の生き残り

 からなる、名前の通りゴミを漁り廃品を漁るディセプティコン残党達。フルクラムのみがオリジナルキャラだが、それ以外はG1キャラの寄せ集めとなっており、デバスターのスカベンジャーとは全くの無関係。

上記の通り大半が「馬鹿」で占められた、非常にチャーミングなチームである。

トランスフォーマー:モア・ザン・ミーツ・ジ・アイ 1

トランスフォーマー:モア・ザン・ミーツ・ジ・アイ 1

 

彼らの登場は既に発売済みの1巻に続くモアザンミーツジアイ2巻からとなっており、しかも数ページの端役などではなく、なんとコミックスの後半ほとんどフルで活躍。

 

f:id:cruelmelody:20191229005059j:plain

更にモアザンミーツジアイのメインヴィランとなるDJDとの交戦や、IDW版ではゴリゴリのアウトローだったが幼児退行してしまった「グリムロック」を引き取る…等、ロストライト号のロディマス達メインキャラと対を成すディセプティコン側としてのメインキャラとなるのだ。

 

f:id:cruelmelody:20191223233519j:plain

レジェンズのミスファイア(左)、クロック(右)は国内未発売のため海外タイタンズリターン版、そして今回のスピニスター。

トランスフォーマー シージシリーズ SG-11 スカイトレッド

トランスフォーマー シージシリーズ SG-11 スカイトレッド

  • 発売日: 2019/03/23
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 フライホイールに関しても今回のシージで「スカイトレッド」としてラインナップ済みと、こうしてみると既に6体中4体が発売されていて、そのうちの2体がシージという、数年前であれば考えられないような奇跡的な展開。

フルクラムのみがIDWオリジナルキャラの為、なかなか期待薄ではあるのだが、シージにて同IDWオリジナルキャラとなる「ラング」がバトルマスターとして登場するなど、完全に希望が絶たれたわけではない。

トランスフォーマー シージシリーズ SG-40 オートボット ラング

トランスフォーマー シージシリーズ SG-40 オートボット ラング

  • 発売日: 2020/01/25
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

アメコミの邦訳版発売後は登場したキャラの玩具が品薄になるに決まっている、と決め付けており、モアザンミーツジアイ1巻が発売された頃にはレジェンズ版スキッズが売れまくっているにちげぇねぇ!と勝手に想像しているので(真相は不明)、是非ともこのタイミングで彼らスカベンジャーズをゲットしておくべきだよ、いやマジで。

 おわり

トランスフォーマー LG52 ターゲットマスターミスファイアー

トランスフォーマー LG52 ターゲットマスターミスファイアー

  • 発売日: 2017/11/25
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 
トランスフォーマー シージシリーズ SG-42 スピニスター

トランスフォーマー シージシリーズ SG-42 スピニスター

  • 発売日: 2020/01/25
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

トランスフォーマー:SIEGE War for Cybertron エイプフェイス とIDWトランスフォーマーの話

トランスフォーマー『SIEGE War for Cybertron』より

 

f:id:cruelmelody:20191208202657j:plain

 

(What's The Story) Morning Glory?

前回のブログでエイプフェイスが11月頃に届くので~等と締めていたのだが、気付けば年末ですが如何お過ごしでしょうか。実際のところ、エイプフェイスは11月に届いた、届いたのだが積みに積んで12月のあたまにはアストロトレインが追いアマゾンし、そしてそのアストロトレインを開けられる事なく2日前にスピニスターが到着。これはいかんと引っ張り上がってまいりました、私です。

トランスフォーマー シージシリーズ SG-47 アストロトレイン

トランスフォーマー シージシリーズ SG-47 アストロトレイン

  • 発売日: 2020/03/28
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 
f:id:cruelmelody:20191208202700j:plain
f:id:cruelmelody:20191208202704j:plain

もはやアストロトレインの事を書いたほうがオンタイムなのだが、しかしながらWEB上では近しい発売時期、しかもアストロトレインと同じトリプルチェンジャー、更にビークルの他にメカザルへと変形し、極めつけに白・紫・マゼンタと海外TFにありがちなどぎつく魅力的な色彩感覚を兼ね備えたエイプフェイスが全く取り沙汰されていない気がしていたので、これは書くしか無いじゃんね。

※例によってTF界隈の情報を全く追えていないため、完全なる脳内バズ問題です。

 

SIEGE:Wave5 ボイジャークラス エイプフェイス

f:id:cruelmelody:20191208202523j:plain
f:id:cruelmelody:20191208202553j:plain
f:id:cruelmelody:20191208202555j:plain

シージトイ内で圧倒的な戦力差に悩まされるディセプティコン勢だが、現在全7体で展開されているシージのヴォイジャークラスにおいては完全に別の話となっており、オプティマスとスプリンガーの2体以外はすべてディセプティコン。そのディセプティコンの5体目となるのが今回のエイプフェイスだ。

トランスフォーマー シージシリーズ SG-46 エイプフェイス

トランスフォーマー シージシリーズ SG-46 エイプフェイス

  • 発売日: 2020/02/22
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

人気キャラ、アストロトレインに押される形であまり日の目を見ていないようなヴァイヴスが漂っている印象であったが、実際のところシージ内ではなんだか若干浮いている不思議なアイテムであった。

パッケージ側面は相変わらずの80'sヘビメタ感あふれるちょいダサイラスト。いい加減イラスト集かポスターとか出して。

 

f:id:cruelmelody:20191208202558j:plain
f:id:cruelmelody:20191208202604j:plain

本体の成型色の一部が乳白のため分かりづらいのだが相変わらずのモールド地獄車といった感じで、これまで気づかなったかった(か、こいつだけ?)のだが、5mm穴の中までテクスチャが入っている鬼具合。

デザインセンスとスタイルに定評のあるシージ、このエイプフェイスもスタイルのバランスは非常に良い。

 

f:id:cruelmelody:20191208202608j:plain
f:id:cruelmelody:20191208202610j:plain

武器をもたせるとこんな感じ。

シージ全体に組み込まれている足首の傾斜もしっかりと組み込まれており、物としてはシージシリーズのカラーが全面に押し出されているのだが、しかしながら、触ってみるとこれまでのシージとは決定的に違う違和感というか、なんだか微妙な空気を漂わせており、端的に言えば海外シリーズ「タイタンズリターン」の頃のアイテム感が半端ない。

f:id:cruelmelody:20191208202613j:plain
f:id:cruelmelody:20191208202617j:plain

エイプフェイスはオリジン自体がヘッドマスターのギミックを持つ玩具だった為、シージ版でもしっかりとヘッドマスターの再現を行っており、何気に現状シージ版における唯一のヘッドマスター商品でもある。

更にエイプフェイスはトリプルチェンジャーでもあり、ヘッドマスターを第3の形態であるビーストモードへも流用するため、顔面を背中で背負っていたタイタンズリターンの頃のヘッドマスターから、よりオリジンに近い脚部が顔面となるデザインへと改良されている。

f:id:cruelmelody:20191208202618j:plain
f:id:cruelmelody:20191208202622j:plain

しかしながら、エイプフェイスのシージでの浮きっぷりが半端ない。変形の構造上の問題のためか可動のない腰や、オルトモードのしわ寄せを受けて背負いものがやたらと重くバランスが悪い上半身、それに対して重心をうまく支えることができない足、小さすぎる武器、等。

まるでタイタンズリターンのアストロトレインや、G2オプティマス(国内では色々と物議を醸したブラックコンボイ)で感じたウィークポイントがまったく回収されておらず、特にこれまでの残念な点を尽く補完していったシージのアイテムと比べてしまうと、タイタンズリターンであぶれたキャラクターが時を超えてリリースされたような過去アイテム感が非常に強い印象となってしまった。

これまでのシージ展開を経て、個人的にも非常に期待していたキャラだったために、ここはシンプルに残念というか、いやというか正直、これやっぱりタイタンズリターンでリストラに遭ったキャラの再雇用とシージへのねじ込みですよね。

 

ビーストモード

…等と散々っぱら言っといてなんですが、エイプフェイスで重要なのってロボよりも「エイプ」部分じゃないですか。

f:id:cruelmelody:20191208202627j:plain

ロボモードがシージの水準には及ばず…なエイプフェイスだが、やはり特筆すべきはトリプルチェンジのビーストモード。当時品ではかなりやっつけられており、今見返して見るとマイクラレベルでブロックライクな仕上がりだったのだが、今回は完全にエイプ。

f:id:cruelmelody:20191208202630j:plain
f:id:cruelmelody:20191208202635j:plain
f:id:cruelmelody:20191208202642j:plain

そりゃあ1987年のプラ塊と比べても…と思われるかもしれないが、しかしながらエイプフェイスは乗り物to乗り物に変形するトリプルチェンジャーに非ず。

基本的な構造は当時品から大きく変えること無く、ここまでゴリラ度を高めたリファインは素晴らしいと感じる。

f:id:cruelmelody:20191208202636j:plain

当時品にはなかった口周りのデザインも追加され、直立も可能。また、こちらは当時品もうまく再現していたエイプ感あふれる肘の関節もしっかり再現されている。

 

APE SHALL NEVER KILL APE

f:id:cruelmelody:20191208202641j:plain

乳白と紫のゴリラの既視感半端ないなとおもっていたのだが、ビーストのメタルゴリラこと、トランスメタルスのオプティマスプライマル(画像は国内版)だった。僕はゴリゴリのビースト世代(ゴリラ的な意味で)なので、個人的オリジンは完全にメタルスゴリラだったのだけど、今こうして見比べるとメタルスコンボイってわりとエイプフェイスのカラーリングを踏襲していたのだなぁと、極めて限定的なTFロボゴリラ史にも発見があるものだ。

 

ビークルモード

f:id:cruelmelody:20191208202645j:plain
f:id:cruelmelody:20191208202647j:plain

さて、ビーストモードにてぶち上がったテンションをまたしても降下させてしまい恐縮ではあるが、ビークルに関しては置きに行った感の強い非常に保守的な内容となっている。

f:id:cruelmelody:20191208202653j:plain
f:id:cruelmelody:20191208202649j:plain

 

ヘッドマスターギミックが採用されているため、ヘッドマスターが登場する操縦席的な物は付いてはいるのだが、武器パーツをつけることで隠れてしまったり、そもそもキャノピーが存在しているのにそれがダミーだったりと、やや残念な点が目立っている。

 

そろそろアメコミの話がしたい

以上、エイプフェイスの話。

年末がめちゃくちゃ年末でバチバチに師走も良いところの為、アストロトレインもスピニスターも未開封のまま積みっぱなし、更にはIDW版のアメコミTFもモア・ザン・ミーツジ・アイとロボット・イン・ディスガイズの新章に突入し、先月末には上記オンゴーイングの流れを汲む「ドリフト」も発売。色んなものが積みっぱなしなのだけど、とにかく今はアメコミの話がしたい。

トランスフォーマー:ドリフト

トランスフォーマー:ドリフト

 

 

気付けば2年も前の話だが、以前IDW版のトランスフォーマーの「ケイオス」編の国内翻訳が始まった頃に「トランスフォーマーのアメコミ展開をざっくりまとめてみた前編」なるポストを投稿した。

当時のブログはこちら↓

トランスフォーマー:ざっくり紹介 トランスフォーマーのアメコミ展開をざっくりまとめてみた 前編 - くるめろとは違う

まだ国内でのIDW展開がオールヘイルメガトロンのみだった頃に当時の海外展開も含めてIDW版のおおよその展開を纏めた内容だったのだが、ありがたい事にこちらの記事は結構な反響を頂いており、未だにブログ内検索上位のポストだったりするのだが。

しかしながら、全てもう2年前の話なわけですよ。ヴィレッジブックスが超頑張ってくれてるおかげでケイオス編は無事出版済み、次のオンゴーイングであるMTMTEとRIDへと進み、更にはサービス精神が旺盛すぎるヴィレッジブックス様の粋な計らいでまさかのミニシリーズまでも出版。

(一部で)盛り上がりまくっているTFアメコミに対しての当ブログの状況は

f:id:cruelmelody:20191222040512j:plain

めちゃくちゃ今更な「まさに外道」で表現するとこんな感じで、申し訳ない。全方位に申し訳ない。

トランスフォーマーのアメコミ展開をざっくりまとめてみた前編」と、前編と謳っておいて、2年も後編を先送りにしているとか、おめーは富樫かよ!と猛省。

そうとなったら善は急げということで、国内におけるIDWアメコミ「ドリフト」のリリースに合わせて後編をまとめていたのだが、本日のブログよろしくこの有様である。

f:id:cruelmelody:20191222034943j:plain

そんな訳で年内~年明けにはポストしたい。そしてアメコミポストに関連する発売情報として取り急ぎ言っておきたい。

TFアメコミを楽しんでいる紳士淑女の皆様は是非スピニスターをアマゾンやらでポチっておいたほうが良いです、と。

トランスフォーマー シージシリーズ SG-42 スピニスター

トランスフォーマー シージシリーズ SG-42 スピニスター

  • 発売日: 2020/01/25
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

以前のポストでも、同様にTFアメコミを楽しんでいる紳士淑女の皆様は是非ミスファイアだけはアマゾンやらでポチっておいたほうが良いです、等と空気の読めていないダイレクトマーケティングをしていたのだが、

トランスフォーマー LG52 ターゲットマスターミスファイアー

トランスフォーマー LG52 ターゲットマスターミスファイアー

  • 発売日: 2017/11/25
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

モアザンミーツジアイが邦訳化へと突入し、一部のTFアメコミファンはこのあたり絶対欲しくなるはずなので、相変わらず空気を読まずにダイマして終わっとこう。

詳細はいつか書くであろう「トランスフォーマーのアメコミ展開をざっくりまとめてみた後編」にて。

言っといたほうが良さそうなので「良いお年を!」

 

おわり。