くるめろとは違う

くるめろと貴様は関係ない。

トランスフォーマー:Power of the primes Wave1 SLUG/スラッグ パワーオブザプライムス

トランスフォーマー「パワー・オブ・ザ・プライムス」より

 

f:id:cruelmelody:20171209105634j:plain

Power of the primesインカミング!!

トランスフォーマー海外展開の新規シリーズ「パワー・オブ・ザ・プライム」(以下、POTP表記)が12月1日から販売開始となった。第1弾=Wave1は

プライムマスタークラスーリージマキシモ・マイクロナス・ベクタープライム

レジェンドクラスービーチコンバー・ダイノボットスラッシュ・シャープネル・ウィンドチャージャー

デラックスクラスージャズ・ダイノボットスラッグ・ダイノボットスウォープ・ドレッドウィンド

ヴォイジャークラスーグリムロックスタースクリーム

リーダークラスーオプティマスプライム・ロディマスプライム

 の展開となっている。

これらは全て海外展開だが、既にこのPOTPアイテムの国内展開も告知されており、アマゾン等で予約も開始されている。

 トランスフォーマー パワーオブザプライム PP-01 マイクロナス

トランスフォーマー パワーオブザプライム PP-02 リージマキシモ

トランスフォーマー パワーオブザプライム PP-03 べクタープライム

トランスフォーマー パワーオブザプライム PP-04 ダイノボットスラッシュ

トランスフォーマー パワーオブザプライム PP-05 ウインドチャージャー

トランスフォーマー パワーオブザプライム PP-06 ビーチコンバー

トランスフォーマー パワーオブザプライム PP-07 オートボットジャズ

発売日は2018525なので海外版から半年後のリリース。

国内版の値段が海外版とあまり変わらないので、これまでのレジェンズのように塗装の強化等での付加価値は特に無いのではないか?これまでのレジェンズ展開はストップするのではないか?といった様々な予想が飛び交っている。

個人的に今回のG1ど真ん中なダイノボットの展開やオプティマス・ロディマスのダブルプライム達とその大胆な変形機構に脳みそを爆破されスプリンクラーで庭にぶち撒かれるような衝撃と興奮を味わったので善は急げ、一足先に海外Amazonで予約していた。

そんな海外版パワー・オブ・ザ・プライムスのWave1アイテムの一部が届いたので、今回はPOTP/Wave1から「ダイノボット スラッグ」の話なんです。

 

POTPWave1 ダイノボット スラッグ

f:id:cruelmelody:20171209105715j:plain
f:id:cruelmelody:20171209105733j:plain



ハズブロから展開されているPower of the primesからデラックスクラス・ダイノボット スラッグ。16.99$=1900円程度で購入。現在、USトイザらス通販では13.59$=1500円程度で販売されている。

f:id:cruelmelody:20171209105817j:plain
f:id:cruelmelody:20171209105829j:plain



とにかく、かわいい。G1のルックスをしっかりと踏襲しているが変形機構は正当な進化を果たし、しかしそこはかとなく漂う当時品を感じさせる前時代的さ、良い意味でとてもノスタルジックな雰囲気が漂っていて、そしてなによりコロンとしたフォルムがとにかくかわいい

 

f:id:cruelmelody:20171209104951j:plain

f:id:cruelmelody:20171209112156j:plain

ヴォルケニカスへのコンバイナー合体は後述するとして、コンバイナーの手等のパーツが武器扱いとなり更にそれを身体にも装備出来るというギミックが完全に妊婦で話題な、ご懐妊ギミックを搭載。

 

恐竜モード

f:id:cruelmelody:20171209104955j:plain

尋常じゃないほどかわいい。TF界のマスコット、癒やし枠としてのダイノボットの良さ完全再現しているような素晴らしい出来。これは傑作だぜ!

 

 

f:id:cruelmelody:20171209105917j:plain

付属の武器を搭載するとこんな感じに。武装しているが、ことダイノボット―特に恐竜モードに関して、こいつらは何をやっても基本かわいい。そういうマジカルな存在。

 

ヴォルケニカス

f:id:cruelmelody:20171209110034j:plain

POTPダイノボットグリムロック・スラージ・スラッグ・スナール・スワープの5体の通常ダイノボットの他に、スラッシュという新規キャラを含めた6体構成となっており、スラッシュを除く5体がコンバイナー形式で合体し「ヴォルケニカス」となるようになっている。

スラッグは手or足に変形可能となっており、手にするとこんな感じ。

 

可愛すぎて可動とかどうでも良くなる

カラーやバランス、また全体のボリュームギッシリ感がとても良くて個人的にとても気に入っているのだけど、敢えて可動に言及するならば、膝の可動はほぼ死んでいる。

f:id:cruelmelody:20171209110422j:plain
f:id:cruelmelody:20171209110449j:plain

写真右のように尻尾パーツを外へと逃がすことで屈伸が可能になるのだけど、通常の変形では写真左で限界で90°の屈伸も厳しい。ただ、タイタンズリターン=レジェンズのデラックスクラスでも稀にあった妙なスカスカ感がなく、特にこのスラッグに関しては変形後はもちろん、変形前のでっぷりしたボリューム感もバッチリ表現していてミッチミチに詰まっている。

f:id:cruelmelody:20171209111741j:plain

また海外特有のシール処理もデラックスクラスでは確認できず、こちらはプリントだった。

また、ダイノボットに関しては透明プラの内側への塗装がとても良い感じのアクセントになっている。ショボさに定評のあるハズブロ版だが、16$という値段を考えればボリューム感はある。

 

プライムマスター

今回のパワー・オブ・ザ・プライムスのメインギミックである「プライムマスター」は、タイタンマスター=ヘッドマスターの顔面部分がスパークコアへと変形し武器やマトリクスへとはめ込む事が出来るギミック。

f:id:cruelmelody:20171209131034j:plain

ダイノボット スラッグではヴォルケニカス時の手の甲部分が武器扱いになっていてここにはめ込みが可能。構造は同じなのでヘッドマスターをはめ込むこともできる。

 

f:id:cruelmelody:20171209110132j:plain

こちらはプライムマスタークラスを購入して組み合わせて遊ぶ仕様なので、このスラッグには透明のパーツがはめ込まれている。

このプライムマスターだが、プライマスユニクロンとの戦いの為に生み出した13人のプライム達が元となっており、現在判明しているプライムマスター達は

あたりがプライムマスタークラスとして発売が決定している。

 

これ以外にもスタースクリームグリムロックにはIDWにて13プライムが生み出したアーティファクト

エニグマ・オブ・コンビネーション

 ー通常のトランスフォーマーをコンバイナーにする

がプライムマスターやヘッドマスターと同様の形状で付属している。

 

国内版のお値段VS海外版のお値段

今回のデラックスクラス・ダイノボット スラッグ、同様のデラックスクラス・オートボット ジャズが国内では定価3024円、国内アマゾンでは値引きされ2680円で販売されている。

冒頭で触れたように海外と国内の仕様に"もし"変更がないのであれば、早く欲しいから海外からの購入を検討される方もいるかと思う。現状では

国内パワー・オブ・ザ・プライムスの値段は

  • プライムマスタークラス ¥860
  • レジェンドクラス ¥1600
  • デラックスクラス ¥2600
  • ヴォイジャークラス ¥3600(くらい?)
  • リーダークラス ¥5800

あたりが、メジャーな相場になっていくようだ。

 

対して海外での値段が

  • プライムマスタークラス 5.99(670)
  • レジェンドクラス 9.99(1118)
  • デラックスクラス 16.99(1902)
  • ヴォイジャークラス 24.99(2798)
  • リーダークラス 49.99(5598)

*ただし、これらは店舗での値引き無し価格なのでこれよりも低価格な店舗も有り、トイザらスはこれらからさらに2~300円安かったりする。

こうしてみると海外はべらぼうに安いようにみえるのだけど、僕はヴォイジャー2点・デラックス2点・レジェンズ1点の計5点を購入し合計が10500円程。国内で同アイテムを購入したら14000円ほどなので送料や関税を考えるとなんだかんだで10002000円安い程度なので、あとは海外版と国内の仕様の差ぐらいだろうか。

もし、これまでのレジェンズのように重塗装等の付加価値が無く、昨今のムービー展開同様の「パッケージ背面にシール貼っただけ」仕様であるなら、僕のように海外ではもう販売しているのに半年も待てない!といった皆様には海外というチョイスも有りかもしれないです。特に注文から届くまでの期間をあまり気にしないなら。あとは送料次第。

*関税もあるとは思うんでそこもうまくやる必要が。

TF 2018 POTP [DX] スラッグ

TF 2018 POTP [DX] スラッグ

 

 

トランスフォーマー:タイタンズリターン スカイシャドー/ブラックシャドーとフェイズシクサー

トランスフォーマータイタンズリターン」より

 

f:id:cruelmelody:20171129193925j:plain

 

フェイズシクサー

前回のブログで紹介したシックスショット。このリーダークラス・シックスショットは海外シリーズ「タイタンズリターン」において同じリーダークラスの2体と共に公開された。その2体が今回の記事のスカイシャドーとこれからレジェンズでも登場するオーバーロード

f:id:cruelmelody:20171125174151j:plain

この

の共通点は、アメコミ=IDW版展開における設定の一つ「フェイズシクサー」。このフェイズシクサーに関するあまりあてにならない説明は前回のブログを参照して頂くとして。前述の海外展開「タイタンズリータン」から、

が国内展開「トランスフォーマーレジェンズ」にて発売が決定していることに対し、同じフェイズシクサーズのスカイシャドーはどうも国内展開からフェードアウトした雰囲気が漂っている。

更にこのスカイシャドー、TR化自体もオーバーロードのリデコとなっており変形機構は完全にオーバーロードそのもの。更にそのリデコ元のオーバーロードよりも発表・発売が先となんだか色々と噛ませ感の強いアイテムとなってしまっていたりする。来るべきレジェンズオーバーロードの予習も含めて、そんなスカイシャドーのお話なんです。

 

スカイシャドー a.k.a ブラックシャドー

そもそもこのスカイシャドーは「ブラックシャドー」名義でトランスフォーマーVの1話にゲスト出演のみの登場となった、かなりニッチなキャラクター。しかし、海外展開のジェネレーションズにてサンダーウィングのリデコで登場し、国内ではアドベンチャー名義ブラックシャドーで発売。

*このサンダーウィング→ブラックシャドーへリデコの流れは当時品のプリテンダーサンダーウィング→プリテンダーブラックシャドウを踏襲している。

その後タイタンズリターンにてオーバーロードのリデコとして…と結構な頻度でリデコを介して商品化されている。

トランスフォーマー TAV31 ブラックシャドー

トランスフォーマー TAV31 ブラックシャドー

 

 

f:id:cruelmelody:20171129194324j:plain

なんでこのキャラが?という時に、往々にして関係しているのがアメコミ展開でその関係性は前述の通り。シックスショットとオーバーロードも同じフェイズシクサーズ繋がりとなっており、そういった経緯を踏まえるとリーダークラスにてこの3体が同wave内に並ぶ状況も合点がいく。

ただ、海外=アメコミ展開での名称はブラックシャドーなのに玩具は尽くスカイシャドー名義、なんでだろう。

 

f:id:cruelmelody:20171129194447j:plain
f:id:cruelmelody:20171129194501j:plain



そんな訳でタイタンズリータン版のスカイシャドー/ブラックシャドー。(色々とややっこしいので今後はIDW名義のブラックシャドーに統一します)

オーバーロードからメット、肩アーマー、胸部…と、それぞれのデザインが変更されていてリデコではあるけどブラックシャドーとしての完成度も高い。

f:id:cruelmelody:20171129194524j:plain

足首が展開するので接地の安定感が抜群で足を開いた踏み込んだようなポージングはかなりキマる。ただ足も前後の可動はイマイチで膝立ちは難しく、またシックスショット同様手首の回転はない。

 

f:id:cruelmelody:20171129194551j:plain

ヘッドオンギミックはLGシックスショット同様ヘルメット開閉によるはめ込み。変形時に他パーツと干渉しないのでヘッドオンしっぱなしでも変形が可能。少し気になる点としてはメットのバイザーが深めなのでメットを閉めると目が若干隠れてしまう点。

ただ、彼のキャラクター性を考えるとそういうダークな印象もまた仕様として受け入れられる。

 

どちらが正解なのか

既に海外で発売済み、国賠ではこれから発売となるオーバーロードと同様の変形機構を持っているスカイシャドー。この海外にてhasbroから発売されているスカイシャドーやオーバーロードの宣材写真と国内展開オーバーロードの宣材写真の足の変形が一部違い話題となっている。

f:id:cruelmelody:20171203203735j:plain

海外では踵部分をたたみ、足裏をベタ付けしていることに対して

 

トランスフォーマー LG60 オーバーロード

国内では踵を下駄のように立たせている点。

 

f:id:cruelmelody:20171203202945j:plain
f:id:cruelmelody:20171203203934j:plain

この下駄変形はスカイシャドーでも再現可能となっており、こうすることによって足が長くなりスタイルが向上するのだが、海外の説明書にはスカイシャドー・オーバーロードを含めこの下駄変形の記述はなく、どちらかと言えばボリューム不足感や身長の低さを突っ込まれていたオーバーロードに対する「オレ変形」的な扱い(あるいは改善策)として個人間で取り沙汰されていた。

これらのやり取りを公式が汲んだのか、あるいは本当にこれが正解だったのか、宣材写真を見るに国内ではこの下駄のような上げ底変形を「正解」としているようだ。

スカイシャドーはおそらく国内での販売がないため、これがオーバーロードだけに適応される特殊変形なのか、あるいは双方「下駄変形」が正解なのかは分からずじまいに。

 

トランスフォーム後はお客様ー!

f:id:cruelmelody:20171129194611j:plain
f:id:cruelmelody:20171129194652j:plain

変形後はジェット機とタンクに分割し、どう見てもオーバーロードです本当にありがとうございました。

 

f:id:cruelmelody:20171130102945j:plain

ジェット機のみを見ると、”分割できる機首”はプリテンダー版(ジェネレーション版でも再現されている)のギミックをしっかりと踏襲していて、原作へのリスペクトと様式美を秘めていたりするのがイナセなやつです。

 

f:id:cruelmelody:20171129194822j:plain

あーっ!お客様!困ります!吊り下げ合体は完全にオバロです!あーっ!お客様お客様お客様!あーっ!吊り下げ合体は!吊り下げ合体は!あーっ!

f:id:cruelmelody:20171130101556j:plain

因みに基地モードも搭載しておりますが、こちらはパケ写のみで割愛させて頂きます。

 

f:id:cruelmelody:20171129194852j:plain

変形機構自体は当時品のオーバーロードをブラッシュアップしたような内容になっており、特に上半身=ジェットは背面までそっくり

 

かっこいいけど、若干気になる仕様

f:id:cruelmelody:20171129194946j:plain

黒やシルバーのモノトーンな色合いに差し色のレッドと、かなりダークなカラーリングは単純にカッコよく、オーバーロードのリデコだがLG発表時から諸々危惧を受けているオーバーロード以上のスタイルやボリュームを誇っているように感じる。

前述のように足の接地がに安定感があり、左右の開きに関しては結構重心を傾けた状態でもしっかりと自立する。*対象的に膝立ちなど前後の可動は若干弱い。

 

ただ、個人的に感じるオーバーロードにも共通する残念なポイントは側面から見た際のボリューム不足感。フロントから見た際の箱感や重厚感はバッチリなのだけど、

f:id:cruelmelody:20171129195006j:plain

側面から見るとなんか薄い!

変形機構による影響もあるかもしれないのだけど、特に太ももあたりなんかはかなり薄い。また正面から見ると球のように見える肩アーマーも厚みが異様に薄く上がっており、正面から見た後のギャップが凄い。

都内の狭小な土地に建てられたやたら細くて長い家のような、前から見たら普通の家なんだけど、側面から見たら薄い!的な、そういう部類の世知辛さ。アラブの石油王に生まれてプラスチックの値段下げたい、来世に期待。

 

IDWにおけるブラックシャドウ

冒頭でも触れたのだけど、このブラックシャドーはアニメでの活躍は1話のみでその後、時を経てIDW展開にて強キャラとして復帰。

f:id:cruelmelody:20171129214608j:plain

More than meets the eyeの2巻では彼の強さが数値化され

  • レッカーズとの戦闘で3人のオートボットを殺害
  • 113大隊との戦闘で3003人を殺害
  • リグル4での戦いで30億人を殺害

と規格外の殺害数を記録。特にRigel IVでは30億って全人口を駆逐せんばかりの勢いでこれは戦闘というか虐殺と呼ぶべきなのかも。この回想シーンでのブラックシャドーはジェネレーション版のルックスに近い。

f:id:cruelmelody:20171129230306j:plain

レッカーズを単独でフルボッコにし3人殺害してしまうと聞いて思い出すのは同じくフェイズシクサーのオーバーロード。彼もLast stand of the wreckersにてレッカーズ相手にえげつない強さを披露する。しかしながら、オーバーロードはレッカーズとの戦いで敗北を喫している。

 

このようにMTMTEの2巻にて異常な強さを語られるも、そのすぐ次のページにて…

f:id:cruelmelody:20171129230957j:plain

DJD=ディセプティコンジャスティス・ディヴィジョン(ディセップの正義憲兵隊みたいな人たち)にフルボッコられてしまっている。

*DJDの1人、電気椅子にトランスフォームするケイオンに座らされているのがブラックシャドー。ご覧の通り、既に足がない

f:id:cruelmelody:20171129231814j:plain

f:id:cruelmelody:20171129231605j:plain

*MMC社の非正規Kulturと。

なんでディセプティコン憲兵隊に拷問を受けているかというとオートボットと裏でつながり報酬を受け取ることでディセプティコンの1艦隊を全滅させた裏切りによって。

この辺りはG1の傭兵設定(宇宙ギャングとも)が活きているというべきか。アドベンチャー版の説明ではロックダウンとも行動を共にしていたという設定があり、目的のため=金やあるいはエネルゴンの為ならどちらにも付くといった彼の人間性による物なのかもしれない。

*さらにアドベンチャー設定では武器商人としての顔も持っていて、ロックダウンの鉤爪を作ったのも彼だとか。

 このブラックシャドーを含め、フェイズシクサー(ダークマター核分裂セルを埋め込まれ超強化されたサイバトロニアン)には「反逆性」や「自己中心的な行動」が目立つようで、オーバーロードもそんな異常性を前述のLast stand of the wreckersにて披露している。

フェイズシクサーはメガトロンとレーザーウェーブの手で人工的に作られているのだけど、そんな訳でちょっとイッちゃってる面々をコントロールするためにメガトロンは彼らに"ある細工"を施している。

 

f:id:cruelmelody:20171129231543j:plain

かくしてディセプティコン大好き集団DJDに粛清されるブラックシャドーであった ーFin...

なんかIDW版でも結構噛ませ感が否めない!

Transformers: More Than Meets The Eye Volume 2

Transformers: More Than Meets The Eye Volume 2

 

 ていうかDJDどんだけ強いんだよって話になるんだけど、DJDはモアザンミーツジアイ2シーズン(全10巻)に渡り登場する強敵なので、そんな彼らの初登場(MTMTE2巻目)、どんだけヤバイ奴らかの初お披露目の為に、ブラックシャドーは犠牲になったのだ!サスケェ!オレオとってオレオ!

*感想には個人差があります

おわり

 

TF TR [Leader] スカイ シャドー [並行輸入品]

TF TR [Leader] スカイ シャドー [並行輸入品]

 

 

トランスフォーマー LG60 オーバーロード

トランスフォーマー LG60 オーバーロード