くるめろとは違う

くるめろと貴様は関係ない。

トランスフォーマー:Energeon スコルポノック/メガザラック とGold Plastic Symdrome

トランスフォーマー「Energeon/スーパーリンク」より

 

f:id:cruelmelody:20180207222545j:plain

 

エネルゴン、それは太陽

昨年末から年始にかけて海外展開のPower of the primes(国内ではパワーオブザプライム)商品のリリースが続き、また国内展開のレジェンズも未所持だった商品が続いたためしばらくは新規リリースの購入が続いていたが、POTPアイテムのリリースも落ち着き、またレジェンズアイテムも購入に踏み切った商品が少なかった為ここ最近は購入が中古へと傾き始めている。

パワーオブザプライムの記事まとめはこちら↓

cruelmelody.hatenablog.com

 

とは言っても中古ショップ等における中古アイテムとのめぐり合わせって、遅刻しそうになってパンをかじって駆けている女子転校生との曲がり角での衝突のような物で、つまり運命的な偶然であって、そういうミラクルを信じて中古屋へと足繁く通った所で、現実世界、そう頻繁にパンをかじった女子と曲がり角とぶつかり続けていられるわけじゃないじゃないですか。

ところが昨今はちょっとこの曲がり角ぶっ壊れてるんじゃない?ってくらいに、中古ショップにて曲がり角の向こうから遅刻遅刻~!とエネルゴンかじった中古TFが突っ込んできまくってて、買っててよかった瞬足。*コーナーで差をつけろ(特に意味はなく語感だけで書いてます)

今回はそんな感じでコーナーを中古ショップで出会ったスーパーリンクメガザラックの海外版「Energeon」のScorponokの話なんです。

 

スコルポノック/メガザラック

f:id:cruelmelody:20180207223213j:plain
f:id:cruelmelody:20180207223216j:plain

前述の通り、トランスフォーマースーパーリンクではメガザラックとして登場していた物の海外版「Energeon」シリーズのScorponok/スコルポノック。

国内版のメガザラックが鮮やかな緑を基調にまとまっていたカラーリングに対して、モスグリーンのような暗色と差し色にオレンジを差すことで何だか色々とどぎついカラーリングに。また、つま先や手の爪に国内版では無かったウェザリングのような塗装が加えられていて、海外版だというの昨今の国内=重塗装の逆を行くような手の込みかた。

 

f:id:cruelmelody:20180207223225j:plain

G1版のメガザラックの匂いを随所に漂わせるスタイル。既に15年近く前の商品だが全体的なバランスやまとまりがとても良い。このEnergeon/Scorponokは国内版メガザラックの他にも、

  • 黒と金と赤で統一された海外版DarkScorponok
  • Botconのボックスで発売され、G1カラー+ヘッドマスター機能が再現されたスコルポノック

等とカラバリも豊富でどれも良い感じに大げさで格好良かったので、いつか欲しいと思っていた。

 

f:id:cruelmelody:20180207223227j:plain

15年近く前の商品なのでさすがに可動面は若干貧弱。足や腕を真横に開く関節は無いのだけど、素立ちのスタイルもよくあまり気にはならない印象。

クラスで言うとヴォイジャーとリーダーの間の「ウルトラクラス」という今ではあまり見かけないサイズ感だが、何より凄まじいボリューム感で昨今のリーダークラスよりも余裕で重く、手にした時のずしりと来る重量感がたまらない。

つっ立たせておくだけでも存在感が半端ない。

 

f:id:cruelmelody:20180207223220j:plain
f:id:cruelmelody:20180207223222j:plain

随所に配置されたクリアパーツも良い感じのアクセントになっており、特に顔面に配置されたパーツは可動しG1メガザラックのようなバイザーを再現している。
それからキャラ的にはメガザラック/スコルポノックなのだけど、頭部はメガトロンのようなバケツ頭で顔面はかなりのイケメン。

 

f:id:cruelmelody:20180207223233j:plain
f:id:cruelmelody:20180207223237j:plain

腕のはさみの中にもクリアパーツでミサイルが仕込まれておりポッドがクリアなので弾頭が透けて見えカッコイイ。僕なんかはiMacのおかげで何でもかんでも"スケルトン仕様"世代だったのでこういうノリは世代的に響いてしまうんですよ。スケルトンってロマンだったじゃないですか。

 

f:id:cruelmelody:20180207223230j:plain

バイザーを下げるとこんな感じに。ちなみに背中から持ってきているサソリの尻尾のような部位は背面に下げることも可能だが、個人的にはこの位置取りが気に入っている。

 

オルトモードとトリプルチェンジャっては、ならない

f:id:cruelmelody:20180207223239j:plain
f:id:cruelmelody:20180207223247j:plain

スコルポノック/メガザラックの象徴的なサソリモードはこんな感じに。

胴体部分や尻尾の先についたフック等、全体から漂う無機質な重機感とサソリの有機的なフォルムが相まって非常に不気味でちょっとカッコよすぎない?

 

f:id:cruelmelody:20180207223250j:plain
f:id:cruelmelody:20180207223253j:plain

頭部バイザーのように尻尾の砲台も展開が可能。

 

更にこのスコルポノックはトリプルチェンジャーとなっていて3段階目の変形にてジェット機へと変形することが出来るのだが…

f:id:cruelmelody:20180208232831j:plain
f:id:cruelmelody:20180208232835j:plain

現在出回っているものをこれから買おうと思っていらっしゃる方、あるいは所持している方はこのジェット機への変形を絶対に行わないことをオススメする。

というのも、このスコルポノック/メガザラックは肩の付け根部分のパーツに負荷がかかりやすく、肩パーツの破損が相次いでいる構造不良の商品。特にこのジェット機モードへの変形だけはなんとしても避けるべきだろう。

「じゃあなんで上の画像で変形させてるんだよ、そんな事言って本当は一回ぐらい大丈夫なんじゃないの?」って話なのだけど、絶対にやめたほうが良い。上の画像は撮影のために肩のパーツのネジを一度全て外した。それぐらいガチ。

 

f:id:cruelmelody:20180208232840j:plain

問題のジェット機モードだが、サソリの尻尾を完全に伸ばしきるのでかなり長い。特筆すべきは足の部分の処理で関節を折り曲げることでジェットエンジンの「タービン」のように見せている部分。かなり大味な変形なのだけど、こういう細かい部分で"らしさ"を演出していたりとなんだかんだ非常に手が込んでいる。

 

ハイ死んだ!今スコルポノックの肩死んだよ!

こうして肩パーツの破損を避けるために最新の注意を払って取り扱っていたのだけど…

f:id:cruelmelody:20180208232845j:plain

ARGHHHHHHHHHHH!!!!

本当に突然、なんてことはないポーズ付け中に「パキン」という軽めのクラック音と共にいとも簡単に逝ってしまった。肩周りの可動に関しては最新の注意を払っていたというのに。

 

Gold Plastic Symdrome(金プラスチック症候群)

ジョルノ・ジョバーナのスタンドの最終形態「ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム」みたいな語感の「ゴールド・プラスチック・シンドローム」なる現象、あなたはご存知だろうか。

金色のプラスチックが時を経ることで劣化し、簡単な衝撃・負荷で砕け散る現象

のことであって、こと金色のプラスチックが多用されるトランスフォーマー界隈では有名な話。国内では「金プラ症候群」の名で恐れられている。

アイテムとして有名なのはビーストウォーズ・ネオのランディーであって

とある外人がアップした「ランディーが手で握られただけで粉々に崩壊する動画」が一部では有名に。また、あまり人気がなく在庫が残ったとされるランディーは現在でも新品未開封を比較的簡単に手に入れることが可能だが、開封前から箱の中で粉々に砕け散っていたという逸話もあるとかないとか。突撃員ランディーの名前がなんとも無情。

 

これに関してG1当時品のブラックザラックも金プラ症候群のトップランカーなのだそうだが、今回のスコルポノック/メガザラックの肩に使用されているのも、この曰く付きの金色プラスチック(黄土色)だという部分が個人的には気になっている。

とは言え、メガザラックは発売直後から「ジェット機への変形時の肩破損」は話題になっていたようなので、これに関しては"経年劣化によって触れただけで砕け散るような金プラ症候群"ではなく完全な設計ミスかと思うのだけど。

それにしても恐ろしいほどに気をつけて触れていたというのにいともたやすくパッカーンと逝ってしまったのが金色のパーツという点、また成型色違いのBotconスコルポノックではこの破損報告があまり上がらない点を考えると、やはり金色のプラスチックが持つ「元来の耐久性の低さ」みたいな事を考えずにはいられない。

f:id:cruelmelody:20180210182321j:plain

しかしながら、あまりにも出来が良く超かっけぇスコルポノックを諦める気にもなれず、結果としてもう1体国内版=スーパーリンク版のメガザラックをおかわりで購入しパーツを移植するというなんともバブリーな対応をすることに。金持ちかよっ!

*全然金持ちではないのだけど、こういう時ばかりはこんな贅沢な金の使い方ができる大人になって心から良かったと思う。

f:id:cruelmelody:20180207223213j:plain
f:id:cruelmelody:20180210182324j:plain

*左・海外版Energeon/Scorponok、右・国内版ハーパーリンク/メガザラック

こうして揃った海外版と国内版。国内版のほうが原作(アニメ)におけるカラーの再現度は高いのだけど、前述のように海外版のほうがつま先や拳=オレンジのパーツへのウェザリングのような重塗装と手が込んでおり、昨今のレジェンズ商品を代表するような国内版=重塗装の法則の逆転が起こっているのがおもしろい。また、個人的には海外版のカラーのほうが渋みがあり気に入っている。

中古屋にて非常にリーズナブルな価格で新古をゲットしたにも関わらず、結果としてメガザラックを2体買いと、なんともお高い1体となってしまった。カッコイイから、まぁ仕方がない。(非正規でもいいから対応パーツ売ってくれねぇかなぁ…)

 

トランスフォーマー メガザラック SD-05

トランスフォーマー メガザラック SD-05

 

 

トランスフォーマー:R.I.D ブラジオン とメイヘム・アタックスクワッド

トランスフォーマー「Robots in Disguise コンバイナーフォース」より

 

f:id:cruelmelody:20180203022037j:plain

MEYHEM!

前回ポストしたオーバーロードのブログにてチョロっと触れた海外イベントBotconにて限定発売となったギガトロン。

f:id:cruelmelody:20180129203218j:plain

このギガトロンのリデコ元になっているNESTグローバルアライアンス版のブラジオンを、ギガトロンを引っ張り出した勢いで少しいじっていたのだけど、ブラジオンが今熱い。

昨今のTF界隈にて活発なIDW版の翻訳化に呼応するように、つい最近マーベル版のトランスフォーマーアメコミ「トランスフォーマー・クラシックス」の発売が発表された。

こちらは現在も進行形で連載されているIDWではなく、トランスフォーマーのアメコミの元祖であるマーベル版=オースクのコミックとなっており、 今回のポストで触れるブラジオンや以前レッカーズの話で少し触れたインパクター等はこのマーベル版のコミックにて誕生した。

また、昨今話題となっているTF新シリーズの「パワーオブザプライム」。こちらでもこれまであまり日の目を見ることがなかった「プリテンダー」がプライムマスターのアウターシェルとしてまさかの復活。既にメタルホークやスカルグリン等が登場となっており、元ネタがプリテンダーであるブラジオンも恐らく今後登場することになるのではと思っている。

つまりブラジオンが今アツい!(気がする)という訳で今回は数あるブラジオンの中から個人的に一番気に入っているRIDコンバイナーフォース版のブラジオンの話なんです。

 

Robots in disguise ブラジオン

f:id:cruelmelody:20180203022102j:plain
f:id:cruelmelody:20180203022105j:plain

*何故、結構前のアイテムだというのに開封前のブリスターがあるのか!?つまり複数買い。

国内にて「トランスフォーマー・アドベンチャー」として展開されている元の海外版「Robot in Disguise」シリーズにて発売されたブラジオン。

国内でのアニメ展開が地上波ではなくCSのANIMAXのみで、その後YOUTUBEの配信とお子さん達の目線の斜め上を行く形となり玩具屋でダダ余る事故が発生。更にデザインを無視し大げさに貼り付けられた丸いシールやシンプルな変形機構は大きなお友達からの受けもあまり良くはなく埋もれがちな印象が強いRID玩具。

だが、この「アドベンチャー=海外RID」玩具ってオーパーツのように突出したデザインセンスの、信じられない程に素晴らしい出来の物が突如として現れるようなイメージが個人的には強くて、このRID版ブラジオンはその最たる例だと思っている。つまり、出来が異様にいい。

 

f:id:cruelmelody:20180203022109j:plain
f:id:cruelmelody:20180203022113j:plain

カラーリングや変形機構はシンプルでディフォルメされたデザインなのだけど、特に顔の造形とそれに伴った全身のシルエットのバランスが恐ろしく良い。惜しむらくはこのブラジオンが基本的に海外のみでの販売という点。超傑作なのに!

 

f:id:cruelmelody:20180203022123j:plain
f:id:cruelmelody:20180203022127j:plain

武器として刀が付属。

パーツの構成はシンプルなので可動範囲もそこまで自由が効くわけではないのだけど、シンプルが故に重心が安定しているので接地が悪いようなポーズでもすっ転ばずに立ってしまう。昨今のレジェンズ展開(TitansReturn)の商品の殆どが精巧な出来が故に雑に立たせた場合の自立が困難な中で何たる安定感。

また画像のように剣を両手で握ることも可能。

f:id:cruelmelody:20180203022132j:plain

背面の2連砲塔は前へと倒すことが可能。腰も360°回転する。

ボットコンにて販売されたサンダーメイヘム版(サンダーウイングに変形するコンバイナー)のブラジオンも2連だったのだけど、背面に二連は「オンスロート」を想起させる。サンダーメイヘムのブラジオンはオンスロートのリデコだったが、今回のブラジオンは逆輸入(ブラジオン→オンスロート)も行けそう。

 

f:id:cruelmelody:20180203022150j:plain

2連キャノンは背中側に折りたたむことが出来て…

 

f:id:cruelmelody:20180203022145j:plain

取り外して銃のように手に持たせる事もできる。

 

f:id:cruelmelody:20180203022141j:plain

首は軸可動で基本的に上下には動かないのだが、変形の恩恵でうつむく/見上げることも可能。あえて言うなら手首の回転が欲しかったが、おおよそデラックス~スカウトクラスと比較的小さめな割に秘めてるポテンシャルが半端ない。なんというか、このサイズにして異常な安心感がある。

ビークルモード

f:id:cruelmelody:20180203022207j:plain
f:id:cruelmelody:20180203022211j:plain

ビークルモードも非常にまとまりが良い。腕や背面の処理はたしかに雑だが、ロボット形態同様キャラの記号が分かりやすくまとめられていてバランス感がとても良い。

f:id:cruelmelody:20180203022216j:plain

腰の可動軸のおかげで砲台も回すことが可能。

 

f:id:cruelmelody:20180203022156j:plain

前述のギガトロンのリデコ元、NESTシリーズのブラジオンと。トランスフォーマーの中でも異形感が強く、かなりアクの強い顔面スカルのブラジオンはキャラ的にも気に入っている。

そんな中でこのRID版ブラジオンは、コンパクトなサイズ感や全体のシルエットやバランスの良さや、キャラとしての特徴や記号を抑えつつ程よいディフォルメ感もあり個人的にはRID玩具の中で一番の傑作だと思っている。脳みそが飛び散るほどオススメ。

ディセプティコンによるレッカーズへの回答「メイヘム・アタック・スクワッド」

これまで何度かオートボットのならず者集団「レッカーズ」に触れてきたが、彼の出自はこの"レッカーズ"に大きく関係してる。

レッカーズはとても人気なモチーフで、現在も連載が続いているIDW版のアメコミにおいても「ラストスタンド・オブ・ザ・レッカーズ」や「シン・オブ・ザ・レッカーズ」等でメインで扱われることも多く、また別のユニバースで言えば昨今のアニメ展開、例えばトランスフォーマー・プタイムにおいても彼らの存在は語られている。

こうして、目に余るバイオレンスと名声を手にし様々な所でレックアンルールし、その名を轟かせるレッカーズ。これに対してディセプティコンはこのオートボットのヤンキー共「レッカーズ」への"回答"としてある小隊を編成した。

それが「メイヘム・アタック・スクワッド」だ。

このメイヘム・アタック・スクワッドはボッツのレッカーズに対するディセプティコンの対抗手段であり、ブラジオンはマーベル版のコミックにてこのメイヘム・アタック・スクワッドの隊員として登場した。

レッカーズ同様メンバーの出入りはあるが(出入りと言うか死亡)、ブラジオンと同じくプリテンダーが多くカーニバックやオクトパンチ等が在籍していた。しかしながら、レッカーズ程のメジャー感は無い。頑張れ、メイヘムアタックスクワッド!

 

メタリカトーとサンダーウイング

f:id:cruelmelody:20180204171801j:plain

*画像はTFwikiより

ブラジオンを語る上で避けて通れないのがTF世界に登場するメタリカトー」なるマーシャルアーツだ。

「メタル」と「加藤」を足したような若干オモシロな響きの格闘術だが、実際はフィンランド語で「Loss of metal」を意味しているんだそうで。グリーン・ホーネットやらのドラマのおかげで「加藤」=「カトー」がアメリカでは異様に認知されている「日本の名字」だったりするので、僕はてっきりカトー(加藤)から来ているのかと思っていたよ。

f:id:cruelmelody:20180204172756p:plain

グリーン・ホーネットのカトー。演じているのはブルース・リー。そんな訳で「武術だからカトーなんだろ」っていう僕の勘違い。そう、つまりこれは完全なる勘違いなのでこう長々と話す内容でもない。

 

f:id:cruelmelody:20180203022118j:plain

メタリカトーをマスターしているブラジオンは恐ろしいほどに強く、また、フィジカル同様にメンタルのほうも非常にストイックであって、そのストイックさは時としてほとんど暴走に近い形へと向かうことも多い。

マーベル版ではメガトロンからディセプティコンのリーダーの座を奪うという所まで達している。これにはいつも口だけのニューリーダーキチ◯イさんもタジタジ。(今日から俺様がデストロンのニューリーダーだ!)

 

f:id:cruelmelody:20180203022200j:plain

また「メガトロンからリーダーの座を奪っている」繋がりのマーベル版アメコミのTFで、ブラジオンとも深く関係しているのがサンダーウイング。彼もまたマーベル版のアメコミから登場したプリテンダーで、ブラジオンの上官にあたる存在。彼の強さもまた規格外で、前述の通りメガトロンからリーダーの座を奪い、更に一時はマトリクスをも奪いオプティマスに切迫する程であった。

 

STORM BRINGER

f:id:cruelmelody:20180204181741j:plain

サンダーウイングはブラジオンの上官であり、何かと師弟として描かれるような事が多い。IDW展開ではオールヘイルメガトロンの前シリーズのATIONシリーズ「STORM BLINGER/ストームブリンガー」にて揃って登場。

元々接点の無かったブラジオンとサンダーウイングだが、ブラジオンがサンダーウイングの思想に傾倒し二人仲良くサイバトロン星を焼け野原(というか消滅)にしようと意気投合している。

Transformers: Stormbringer Manga

Transformers: Stormbringer Manga

 

 また、脳筋(脳筋ていうかガイコツなんだけど)感の強い見た目のブラジオンだが、科学にも精通している科学者でもある。

f:id:cruelmelody:20171214210408j:plain

最近購入したIDWアメコミのミニシリーズ「Redemption/Salvation」でもトリプティコン=ダイナザウラーを利用してある実験を行ったり…と、前述のニューリーダーの人も元は科学者だったのだが、ブラジオンのほうがわりと科学者してる。

 スタスク「ぐぬぬ…」

 

f:id:cruelmelody:20180204182114j:plain

審判、因果応報、終末…アポカリプス!

 

f:id:cruelmelody:20180204182644j:plain

~以前にもサンダーウイングと対峙したオプティマスとメガトロンの回想~

メガ「オプちゃん、ワシらの全力でサンダーウイングやっつけたけど、アイツまだ死んどらんで。止めを刺さな!」

オプ「(サイバトロン)星に核攻撃してまでか!?メガちゃん、それはあかんで…!」

 

非常に残念なことに今回のブラジオンは国内での入手がなかなか難しいのだけど、米アマゾンは比較的常識の範囲内な値段で普通に売ってました。

 

ストームブリンガーではこれ以外にもオートボットの科学者として有名なジェットファイヤー(スカイファイヤー)が変形!ヘンケイ!のスカイファイヤーデザインで登場し結構ガッツリ活躍したりするんで、ジェットファイヤー/スカイファイヤー好きの方にもおすすめ。

トランスフォーマー 変形! ヘンケイ! トランスフォーマー C06スカイファイヤー

トランスフォーマー 変形! ヘンケイ! トランスフォーマー C06スカイファイヤー