読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるめろとは違う

くるめろと貴様は関係ない。

オレカバトル:新7章 蛇闘士リザド と一歩先を行く「あいつ」

新7章 雷盟の逆鱗 オレカバトル

オレカバトル新7章『雷盟の逆鱗』より

f:id:cruelmelody:20160107141439j:plain

 

リヴィエール杯近況

年末から実家へと帰省、私事だが先日から「既婚者」とオレカで言うところの★3へクラスチェンジしたおかげで年末は「普通の旦那さん」の作業に追われ、リヴィエール杯は30日完全不参加、31日迎撃一桁ポイント&ログインボーナス回収のみ、1日迎撃一桁ポイント&ログインボーナス回収のみ、2日完全不参という体たらくぶり。お前はそれでもバトラーかッ!と。

*ちなみに風のうわさだが、この「クラス3既婚者」がさらにレベルアップしていくと「★4子持ち既婚者」へとクラスチェンジを果たすらしい。子供がいい塩梅の年齢であれば「子供がプレイしたがっているから~」という素晴らしい言い訳によって★3クラス時よりもオレカがしやすい環境になるようだ。

そんな訳でかなり遅れを取ってしまった紅のリヴィエール杯。東京へと舞い戻ってからというもの、パンドラに順番を守りつつへばり付き、鬼神が如く戦いまくり4桁台の順位から現在100~150位へと駆け上がっている。

*後ろに並んでいるお友だちがいたら席を譲ろう!

もちろん、休みの自由な時間を犠牲にして。あと、大量の100円玉を手裏剣宜しくにんじゃりばんばんして。(*100円玉を高速で手から射出するイメージです。)

 

蛇闘士リザド

f:id:cruelmelody:20160107141631j:plain

リヴィエール杯では新7章のモンスターの育成は不可である。そんなわけで、リヴィエール杯に参加しつつ新7章へも顔を突っ込み、蛇闘士リザドを育成。

技だが

  • マヒにらみ

女帝メデューサも使用する単体痺れ付加技

  • 水鉄砲

水属性単体指定魔法?属性特攻で150ほどのダメージを確認。

  • 蛇剣爪殺法

AT100%ランダム3回攻撃、まれに痺れ・毒を付加

 

となっている。

 

ハイパーグレートだぜ…

竜人の郷にてリントやククル・ベーマスの指導者的ポジションのように見えるリザド。ドラゴン族だが、前述の竜人族の面々のような完全に「人」を感じる容姿ではなく、ファンタジー等でよく見かけるリザードマン・獣人的なルックスとなっている。そんなルックス同様に凄みのある雰囲気と声であり、郷の行末を見守るかなりシブめのキャラクターである蛇闘士リザドだが、あえて一つ言及するとするならばEX技の目を覆いたくなるようなネーミングセンスの無さだ。

リザドさんはこう、黙々とね?修行をして鍛錬を経てね?ついに蛇剣爪殺法の究極系に到達し、最強の技へと昇華した、と。そこでリザドさんが蛇剣爪殺法の究極系のこの奥義のね?名前を考えるわけですよ。「うぅむ、あれでもない…これでもない…」とね、考えあぐねた結果遂に頭上にピコーンと豆電球がフラッシュ!

 

f:id:cruelmelody:20160108160136p:plain

 

「ハイパーグレート蛇剣爪殺法…!!これしかない…!」

…誰か止めてあげましょうよ、と。

リント君あたりは「ハイパー」と「グレート」っていうなんか凄そうな横文字が2個も並んでいる状況に対してキッズ的なセンスであるところの”上乗せてんこ盛りは素晴らしいの法則”の発動で「ハイパー・グレート…!?……やべぇ、かっこいい…!」とべた褒めしていたとしてもね、ベーマスさんはそこはかとなく不穏な空気を出しているはずであって、ククル君あたりは「マジかよ…し、信じられないくらいダセェ…」と絶対感じているはずなんです。

あの「激渋ルックス・言動」と、この「”百億兆万”的な、凄そうな言葉を一つのものにいくつも放り込む若干幼稚目なセンス」のコンビネーション。完全なるギャップ萌えですよ、リザドさん。愛すべきダサ可愛さ。全部想像の話しなんだけどね。

 

リザドの言う「あいつ」と「その力」

そんな蛇闘士リザド。カード排出時のセリフが意味深だ。

「あいつは誰よりも強かった…いつも皆の一歩先を行っていた…」

「リントはあいつの教えを守っている」

 初回解禁では謎のベールに包まれキャラクター同士の関係性が若干希薄だが、リザドの言う「あいつ」は龍巫師ライシーヤの事なのだろうか?そうであるのなら、「あいつの教え」とは竜人族のしきたりや外部との接触のことなのか。

また、コメントで新たなカットインの情報をお教え頂き早速確認してきた。

f:id:cruelmelody:20160109112344j:plain

蛇闘士リザド「その力…お主、もしや!」

龍巫師ライシーヤ「…言うな!」

 このカットインで漂うライシーヤとリザド、郷を見守る二人の関係性とすれ違い始める意志のような空気感。ライシーヤが開放した、あるいは新たに手を染めた?力とは?排出台詞やカットインにて徐々に判明していくライシーヤの目的、彼の過去(?)を知る蛇闘士リザドが今後の展開に大きく関わってくることは間違いなさそうだ。