読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるめろとは違う

くるめろと貴様は関係ない。

ヒーローバンク・アーケード:アニメミッション 刮目せよ、アニメミッション・エピローグ。と、育成のニューオーダー

ヒーローバンク

ヒーローバンク・アーケード『アニメミッション』より

 

刮目せよ、アニメミッション・エピローグ

シャドウがゲットできないよ~と騒ぎ、ソニックをチームに入れてもダメなら、ソニックのレベルをマックスにしてダークオーブ装着だ!と荒ぶっていたのだが完全に空振りに。シャ、シャドウに関係のあるヒーロー着?ソニックとシャドウの間を取り持つヒーロー着?トゲトゲ?虎井?と、完全に思考が迷子になっていたシャドウの入手方法。

が、昨日そもそものヒーロー着を操るファイトレーダー「安立」にフォーカスを当てたほうが良いとTwitterにてご助言を頂き、本日遂にゲットとなったよ。

 

f:id:cruelmelody:20150430221214j:plain

 

こちらは僕自身が発見したものではないのと、ご助言への感謝も込めて詳細は控えさせて頂きたい。ただ助言頂いたとおり、シャドウを操る”安立”と最も関係のある人物をチームに入れることが条件となっている

アニメ・エピローグの最終話になるであろうこのミッションにてこのエピソードを突っ込むヒーローバンク。泣かせる。泣かせるじゃないか、ヒーローバンク。これまで幾多の過ちや、すれ違いの中で道を踏み外してしまった安立が存在したヒーローバンクの世界は、このifの世界のエピローグによって救済された。

あなたも見る必要があるのだ。いや、複雑に絡まり縺れてしまったヒーローバンクの世界をあなたの手で救済する必要があるんです。見て欲しいんです。本当に。

なので今回は申し訳ないがエピソードクリアの画面の掲載も控えさせて頂きたい。僕はコレに関しては切に、是非ともあなたの目で確認して頂きたいハンカチを忘れないで欲しい。

筐体前で3歳時のようにガン泣きしながらヒーローバンクのアニメやアーケードが終わってほしくないと駄々をこねたい。僕はカイト君達の活躍を、もっと見ていたいのだ。ヤダヤダー!!

 


meg サヨナラマタイツカ PV - YouTube

 

 

育成ニューオーダー

そんな涙で枕を濡らしている昨今は他のファイトレーダーさんに触発されつつ、また先日ヒーローバンク公式からのパーツリスト全公開・新たなSSパーツの登場に触発されつつで、「ハートオブゴールド」無しの育成をこねくり回している。ハートオブゴールドに頼らない育成のニューオーダーだ。

 

これまでは個人的にヒーローバンクACのバトルに於いて重要なのはバトルのスイッチングの様に感じていて、例えば

  • 必殺ゲージが34以上溜まった瞬間から、防御力等が爆上がりする
  • HPが○%以下に、残り時間が○秒以下になった瞬間から、攻撃速度が爆上がりする

などの攻守の切り替えを重要視してきた部分があり、すべてのライバル達をこうした戦法で成敗してきた。

 

しかし、アニメミッションで最近登場となった

手パーツ―えんまのこぶし/バトル中は 攻撃+5/防御+1/速度+1

体パーツ―イージスシールド/バトル中は 防御+5/速度+2になる

のSSランクパーツ2つはランクの高さにしては一見地味に見えるが、この2つを装備することで一切のデメリットや発動条件無しに攻撃+5/防御+6/速度+3を発動でき、常にデメリット無くパーツの恩恵を受ける事ができる。戦法は地味であるが、堅実な強さを感じる。

手パーツ―MA-Z1クサナギ/バトル中は 攻撃+9/防御-2になる

も攻撃特化には最適で、こういったパーツに頭パーツの「ドラゴンヘッド」や「コスモブレイン」を搭載し必殺を強化、とにかくパワーで畳み掛けるのもアリなのかもしれない。

 

対戦がしたい。大会に参加したい。

こうして最近やたらとスリリングなヒーローバンクのバトル要素は、僕の知る可動当初の間延び感は薄れ、サイコロ・必殺ゲージ・残HP・見えない相手のパーツの読み合いと、キワキワに研ぎ澄まされて来ている。そこには過去セガが送り出したゲッテンカの真剣勝負を感じさせるスリルがあり、1秒やコンマを意識するような読み合いがあると思うんだ。

こうなってくると対戦がしたい。全国のファイトレーダーであるあなたとバトルがしてみたい。以前筐体にてカード詰まりが発生した時に設定画面でふとみた「大会設定」の文字。表記に関してはうろ覚えだが、間違いなくヒーローバンク・アーケードにも、他のキッズ・アーケード機と同じように大会モードが存在するのだ。

セガの皆さん、ゲームセンターのスタッフの皆さん、ヒーローバンク・アーケードの大会を一度でいいので開きませんか?

 

サヨナラマタイツカ

サヨナラマタイツカ

 
サヨナラマタイツカ

サヨナラマタイツカ

 
サヨナラマタイツカ

サヨナラマタイツカ