読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるめろとは違う

くるめろと貴様は関係ない。

オレカバトル:新1章 新一章の解禁日?仕事だよ!だから予想するよ!

オレカバトル 新1章 魔海の侵攻

オレカバトル新1章『魔海の侵攻』より

新1章『魔海の侵攻』

来るべき6月13日より新一章『魔海の侵攻』が解禁となる。前章の新序章同様、フィールドは1章をベースにモンスターも1章と新1章のモンスター新旧織り交ぜとなるのかと思う。既にコロコロコミック6月号にて新1章の解禁カード「水の戦士フロウ」は公開されており、前章の炎の戦士バーンの様な「属性の戦士」の流れは今後も続くようだ。

 

学生歓喜!平日の解禁だよ!

そんなわけでこの新1章の解禁は6月13日。金曜解禁という事で僕を含めた社会人の皆さんはコーヒーをキーボードに注いで、マウスを裏返してつかっちゃうような完璧に上の空な1日をお送りになるかと思うが、子供のゲームなのだ。子供たちに譲りましょう。…んぐや゙じい゙!!

 

紙面フラゲ?ちょっと…ないですね

相変わらずオレカバトルの新章の情報は基本的にコロコロコミックに頼り切るような状況となっている為、少しでも情報を早く手に入れたいというならば、この雑誌を発売前に店頭に出す、あるいは合言葉で裏から出すような少々ダーディーな行為に手を染めたイリーガルな闇書店を見つけるほか無い。
残念ながら僕の住む地域でこのような闇ブローカーとの接触が未だ成しえていないので、僕に出来ることは愚にもつかない嘘フラゲ情報を流すことくらいなんだ…

 

ドラマティックだよ、あの島は。

そんなわけで今回解禁。新1章につくサブタイトルは『魔海の侵攻』となっており、さらに一部フラゲ情報ではロボ軍団の進行となっている
1章『魔海の神殿』・5章『氷劇の海域』において、魔海をベースにした現在・過去・未来をそれぞれクロスーオーバーさせたストーリーとなっているのが個人的にこの島の魅力的なところ。
主人公であるダンテをメインに据え、彼の現在である孤独と闇の中で生きる姿・過去である父母と出生の経緯、未来である神殿への帰還と、他の章と比べ1章・5章との間にもっとも関連性があり、ある程度この2章のみで物語が綺麗に完結してしまっている節すらある。

 

ORECABATTLE JUDGEMENT DAY

そういったわけでロボット軍団の侵攻というフラゲが巷で話題になっている。ロボット軍団と来たらつまりターミネイトしにくるに決まっている。そう、サラ・コナーの息子を始末するために未来から送り込まれてくるに決まっているんだ

f:id:cruelmelody:20140611003130j:plain

つまりこうだ。

アズールとメロウは魔海の救世主であるダンテを残し、二人の愛の結晶であるダンテは途中グレて闇に堕ちたりもしつつ紆余曲折を経て最終的には魔海を魔王・魔皇の手から退け、平和を守った。

そう、メロウさえいなければ!そう思ったクジェスカ群の残党は後の救世主となる若きダンテを抹殺するためにロボット軍団を過去へと送り込んだ。しかし、ダンテこと、ジョンコナーもこれに応戦。ロボット群から奪った旧型ロボットでマッチョで角刈り、サングラスと皮ジャンがキマっているロボットを送りこみ、最終的には勝利。最後は自らを処分するため、溶鉱炉へと親指を立てて降下していくのを涙で見送る内容になる。

もちろん全部嘘だ。これはターミネーター2ですからね。

 

 

 

ターミネーター2 特別編 [DVD]

ターミネーター2 特別編 [DVD]