読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるめろとは違う

くるめろと貴様は関係ない。

オレカバトル:時の章 攻略せよ、永劫竜ウロボロス

オレカバトル時の章『無限の輪廻、永劫竜ウロボロス転生』より

 

希望の剣

開始から5日となったイベント『無限の輪廻、永劫竜ウロボロス転生』、あなたは既にプレイされただろうか?私事でも恐縮なのだけど先日の日~月曜日軽井沢へと行った、出かける前に少しポイントでも回収するかとプレイした所「無限細胞回収機」がポロポロと落ち、希望の剣が完成してしまった。

f:id:cruelmelody:20161011191426j:plain

よし!このまま出かけるのをやめよう!オレカ祭りだ!と決意できるほどに歓喜したのだが、同行者からの殺意の波動が凄くてそういうわけにも行かずにご報告が遅れてしまった。軽井沢は寒かった、僕はあそこが晴れているのを見たことがない。

効果は

  • HP110UP/攻撃力50UP/スピード サッカーラがシビュラを抜けるほどUP

となっており、ダクラウのワールドブレイドと同じような性能に。ワールドブレイドがイベント後半から開放されたことに対して、今回の希望の剣も何かしらの配布調整が入っているかと思っていたのだがイベント開始2日後に完成してしまった事に驚く。こちらの希望の剣だが、ワールドブレイドが各大陸にてそれぞれのカラーの石がレアドロップで登場したのと違い、無限細胞回収機は完全に何色が出るかわからないガチャとなっているため運ゲー感が強い。そんな訳で今ゲットに奔走されている方になんだか申し訳ない気分になる。

 

現段階ではこの希望の剣を持つことで

f:id:cruelmelody:20161011191439j:plain

このような結果になり、結果としてウロボロス・シビュラが開始直後だが既にサンドバッグと化しつつ有る。希望の剣の希望具合が半端じゃない。希望ってこう、可能性がとても低い状況下での言葉っぽいじゃないですか、希望の剣というか「妖刀・切れ味やば杉」とか「殺人剣・ウロボロ殺し専用丸」くらいなレベル。

 

永劫竜ウロボロス、予言者シビュラがパワーアップ

この状況に対して、永劫竜ウロボロスと予言者シビュラも公式からの告知通り勇者ゲージの進行と共に強化されている。以前は3リール構成HP200~300だったシビュラは現在5リール以上(?5リールまで確認)のリール構成となり、HPもおそらく700~800前後となり、耐久力が高まったため予言系の技を以前よりもポンポンと発動、凶悪な存在へと変わりつつ有る。

f:id:cruelmelody:20161011225914j:plain

勇者ゲージの進行(ゲージの色)にてパワーアップしているように見えるウロボロスとシビュラ。ゲージは全部で5段階にわけられており、現在は4段階目の緑色。強さのLEVEL4ということだろうか?

またこれまでのイベントと違いゲージを増やしていくという今回のイベントのシステムだが、勇者ゲージの進みの異様な速さが目立ち話題となっている。個人的に「輪廻する」というキーワード、また本来であれば最後のパートのイメージがある赤が最初に来ている点から、このイベントのゲージは

「一度増やしたゲージを再度減らしていく、とか?永劫的円環みたいな意味で。」

や、何事もなかったように2本めのゲージが登場し

2本目「ククク…勇者ゲージ一本目がやられたか…」

3本目「奴は我ら勇者ゲージ四天王の中でも最弱…」

4本目「勇者ゲージの面汚しよ…」

 という何処かで見たことの有るような展開へと向かうのかな?等と勝手に想像している。

 

Youtubeでオレカ:永劫竜ウロボロス

5段階の3段階目=LEVEL3の状況で希望の剣を手に入れることが出来たので、剣の性能を試す意味で戦ってみた。希望の剣の希望っぷりが半端なく、結果として2ターンというか1ターン+1行動で討伐に成功できた。

 

攻略せよ、ウロボロス・シビュラ

そんな訳で上記動画は正直あまり参考になる代物ではないのだけど、今回も攻略っぽいことを書かせて頂けるならば。

  • 痺れさせる

ウロボロスは初行動時に防御アップなどの状態変化を行うのだが、ウロボロスが動く前に痺れさせる事でこれを阻止することができる。(動画では失敗に終わっている)そうすることで攻撃が刺さりまくるようになるので、すけモンでも痺れ技等をもったモンスターがいたらオススメかもしれない。

 

  • シビュラから倒す

予言者シビュラの使用する技はコマンドをミスに書き換えたり、EXゲージを減らしたり、コマンドダウンさせたりと基本的にこちらの行動を邪魔する物が多い。また攻撃技「コズミックタイド」では物理禁止を蒔いてくることが有るので僕は常に先に倒しています。

*前回のブログに掲載した動画でもあったのだけど、ウロボロスの輪廻の息で瞬殺されたとしても転生の息で結果として「帰ってくる」パターンも結構多く感じる。

 

  • 強化対象モンスターを使う

今回の動画の最後に登場する火族の「スサノヲ」だが強化期間のモンスター。希望の剣所持+強化期間モンスター+ドラゴン族特攻技と界王拳3倍だぁーッ!状態で申し訳ないのだが、それでも強化期間の対象モンスターはしっかりと強化されている。これまでのイベント同様に育てているモンスターに強化対象モンスターがいるようであればそちらを使用するのがオススメ。

 

オレタチは全てをバイオレンスで解決する

また、勇者ゲージの進行により予言者シビュラの台詞に徐々に焦りが見え始め話題となっている。

f:id:cruelmelody:20161011225803j:plain

ライシーヤの「崩壊は止まらぬ!」やダクラウ「還せぇ!」の系譜を継ぐ者としてシビュラもこの芸風を取り、もはやこの「あきらめんぞぉ!」の姿勢はオレカ界イベント内にて伝統芸の域へと達している。結果として断ち切られてしまうであろう無限に対して「何故予言に抗うのか?」と疑問を抱いているようだがならばお答えしよう、バトラーは常に暴力で解決してきたのだと!

 

ライシーヤ「星が死ぬ!全て壊す!それが神託!」

バトラー「うるせぇ!オラァ!」ボコッ!

結果:星は死ななかった fin

 

ブラックドラゴン「ギャアアァアス!」(星を喰らうらしい)

バトラー「うるせぇ!オラァ!」ドカッ!

結果:星は食われなかった fin

 

ダクラウ「オレの星還せ!全員殺す!」

バトラー「うるせぇ!もう俺達のもんだ!」バキッ!

結果:星の創生主が殺されて平和に fin

 

 

と暴力and暴力で全てを解決してきたヤカラの星なのだ、オレカ星というものは。決まった未来とか予言もおそらくこの星の暴力性には勝てないのだ。

 

シビュラ「ちょ、ちょっと!よ、予言で決まってるんだって!ちゃんと話聞けよ!」

バトラー「うるせぇ!オラアァアア!」ボコッ!

結果:予言は暴力によってなかった事にされた fin

 

こうである、そう、こうなのである。オレカ星は修羅の国であることを把握出来ていなかったシビュラの誤算なのだ。(これでいいのか、オレカ界。)