読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるめろとは違う

くるめろと貴様は関係ない。

オレカバトル:最強合戦 大魔皇ラフロイグvs大魔王サッカーラが終了

オレカバトル『オレ最強合戦』より

 

第1回最強大合戦が終了

先日21日に大魔王(皇)の衝突「オレ最強大合戦」が終了。昨日結果発表が筐体に反映され、初回となる大合戦は大魔王サッカーラの勝利で幕を閉じた。それぞれの章の魔王・魔皇勢力が対峙していく属性による抗争はラグナロクアルマゲドンさながらであり、これまで最強決定戦○○杯にて大魔王ムウスが言及していた「来るべき最終決戦」とはこの事を指していたのだろうか。

個人的にオレカバトルという世界の中での最終決戦は「魔王軍VS主人公・王国・他団体」といった構図だと勝手に考えていたのだけど、昨今は「この魔王vs自由の為に戦う者達」の構図も「それ以前の世界」を守るためにお互い共闘もしているような状況にも見て取れ、非常に曖昧である。ムウスが火属性モンスター達を鍛え上げた理由の一つである「最終決戦」は”今”起こっているのかもしれない。

 

大魔王サッカーラ様のヴィクトリー

f:id:cruelmelody:20160824101910j:plain

今回の大会の結果はこちら。基本的にイベントがある・ないに関わらず常に一定の頻度でプレイしており、これまでの結果が万年160位台だったのだけど、今回は110位。(実際はもう少しポイントをもらっているのだけど、100位内に入るのは基本的に気が引けるので別鍵(店舗登録なし・勿論サッカーラ様の軍)に回避させていた。おそらく多くのバトラーがイベントの連発に疲弊しておりこのような形になったのかと思う。)

 

f:id:cruelmelody:20160824101925j:plain

また大会期間中にゴールドの飾り・サカジェネラルに達することが出来たのだが、上記の結果発表の飾りが何故かシルバー・サカカーネルになっている。Twitterで聞いてみた所このような症状が結構出ているようだ。しかしながら、鍵飾りやプライベートチケットはゲット出来ており他の方も同様なようだ。

 

f:id:cruelmelody:20160824100657j:plain

75万ポイントという大差をつけて勝ち取った勝利だが個人的には意外だった。というのも今回の最強合戦ではどちらの軍に参戦しても新規モンスター「大魔皇ラフロイグ」がゲット可能となってはいるが、金・銀・銅・鉄のラフロイグ鍵飾りは完全新規である。サッカーラは既に以前のイベントで配布されており、ここが大きく差別化されている点だと個人的には思っていた。つまり、報酬的な意味合いではラフロイグ軍に入るほうが特であり、サッカーラ軍に加入することは

  • 単純にサッカーラ様を応援したい
  • 土属性が好き
  • 金色マッチョが好き

といった単純なアティテュードのみ、あまり実益的な旨味が無いように感じたからだ。個人的にはそれでもグラサンマッチョの子分になる気満々だったのだが、そんな物好きがこんなに大量にいるとは!(冗談ですし、褒め言葉的な意味です。)

 

また、先日公式のアンケート「オレカオマエカ」においても

きみが守りたい大陸はどっち?

では55:45にて敗北

 

支配されるならどっち?

ではラフロイグ75:25サッカーラにて大敗北

  と、あからさまな大敗北を喫した我々サッカーラ軍なので、個人的にこの勝利は大変嬉しい。グレイテストパワフルアーミーで良かった。

 

f:id:cruelmelody:20160824101023j:plain

大魔王サッカーラ様から直々に賞状も頂く。しかしながら、こちらをカード化するためには通常カード排出後に秘密のギャラリーにて100円の追加投入が必要。

サッカーラ様「ミーからのありがたい賞状を買う権利をやろう!」

あ、あ、あ、ありがたき幸せ~!

 

大魔皇ラフロイグ配布開始

f:id:cruelmelody:20160824101013j:plain

そんな訳で大会景品である大魔皇ラフロイグも配布が開始、さっそくゲットしてきた。初期MAX値はおそらく359/80/58となっている。ライト君やダクラウにも採用されている「ほほえんでいる」系をランダムに盛り込んだようなワイルドな初期コマンドだがダクラウと比べると幾分優しく見える。

 

最強大合戦所感

個人的な感想を幾つか。

  • 期間はこれくらいが一番好き

初めてのイベントであった最強決定戦アズール杯から9日→2週間程→3週間+2日…と日増しに伸び、遂には23日間と伸びに伸びまくっていたランキング系イベントだが、個人的には今回の「1週間以上2週間以下」が一番やっていてダレることなくやれる期間なので今回の12日はとても良かった。

  • すけモンシステムも楽しかった

今回の最強イベントはこれまでの個人vs個人という形からチームvsチームへと変わったためかこれまで討伐系のイベントにて採用されてきたすけモンシステムが採用されている。

3体スキャンの内の1~2枠を割かなければならない為、イベント開始までは懐疑的であったのだけど助っ人に来てもらうのが結構楽しくそれこそWEB上で見かける有名な方のモンスターがやってきた時は芸能人に会っている感覚に近く後半は常にすけモンと戦っていた。

  • 対戦相手の選出におけるCPU

ダクラウイベントから頻繁に登場するCPU枠。これが今回敵チーム選択にてサッカーラ軍に所属していた僕の元には「ひんけつ」等を代表に2~3枠が常にほぼ固定の状態で登場。醍醐味である全国のバトラーとの模擬戦を繰り広げることができる・全国のバトラーに協力してもらえるという魅力がこのチームに阻まれる事が多く、1枠もいれば十分だと感じた。

 

  • イベントの多発とクオリティ

個人的に一番気になったのはこちら。あなたも御存知というか体験しているかもしれないのだがダクラウイベント中盤から

コマンド変化後のカード化フェイズにて強制終了し、コマンド変化したデータ・そのプレイで得たイベントのポイントが消失する

 というエラーが全国で多発し、僕自身も結構な回数強制終了となりコマンドの良変化も消失した。この重大なエラーがダクラウイベントにて発生している状況の中で、明確な対応のないまま今回の大合戦を押し切って開催したのはかなりの無茶だと感じた。

*以前同様のキッズゲー新ムシキングにてゴールデンウィーク中の新規イベントにて重大なエラーが発覚した際に、SEGASNS・ホームページにて「新規イベントをプレイしないようにと注意喚起」し即対応、店頭張り出しポップを各ゲームセンターへと配布し店頭には注意ポップが貼りだされることとなった。後日、時期はズレこんだが修正された物が正式に再発表となった。

結果として大合戦では大魔王(皇)が参戦(助太刀)すると強制終了・ポイント消失とダクラウイベントとほぼ同じような症状がそのまま引き継がれ、その後公式から急遽修正アップデートがなされる流れと相成った。(詳細は下記公式)

お詫び | モンスター烈伝 オレカバトル

しかしながらその後も突如して落ちるバグは若干だが存在し、急遽対応の修正のため鍵飾り・イラストカードは購入フェイズへと向かわないと確認することはできない仕様のまま続行。

またこれ以外にも冒頭部分に書いた結果発表の誤表示、賞品である大魔皇ラフロイグとのバトルでは何故か「不屈の闘士ロックのテーマ」がBGMとして流れたり、カードに誤植があったりと諸々ボロボロの状態。イベントを沢山仕込んでくれるのは楽しめる要素が増えて嬉しいのだが詰め込み過ぎた結果どれも正常に機能しておらず、さらにプレイやシステムの深刻な欠陥をイベントを跨ぐ間(ダクラウ→大合戦)にスルーしてしまった事になる。

 

この辺りは人によって意見が激しく分かれる部分であり各所で物議を醸しているが。僕の個人的な意見としては第一に

  • 常に正常にプレイできる状態であって欲しい

という部分が大きい。(物凄く当たり前のことなのだが)

例えば、信じられない程に美味しい料理が完成したとしても、それを口にした人が2割の確率で死ぬようであればそれはまだ世間に公表するべきではないと思うのだ。不思議な事にその事実を了承し食べて死んだ人が出たとしても批判は往々にして何処かしらから上がる。*何故かあまり関係無い者からも飛んで来たりする。

大前提として僕はファンであり可能であれば全肯定していたいのだが、いくら面白かったとしてもバグだらけで正常進行不能であればそれは評価以前の問題になってしまう。これがソシャゲーのような基本プレイ無料ゲームならまだ分かるのだがオレカバトルには常に対価となるお金が絡んでいるのだ。

前述のムシキングの対応もそうなのだけど、エラーによって新しいイベントがプレイが出来ないのは本当に残念なことだと思う。しかしそれ以上に重要なのはその場での即時対応と、その後時期がずれ込んでしまった状態だとしても後日修正された状態でちゃんと遊べるようになることだと思っている。

ダクラウイベントは筐体や店舗による環境の差にてバトラーが公平に競い合える環境だったとは言い難く、大合戦も初期段階では大魔王の参戦(=高ポイントゲットのチャンス)にプレイヤー間での差が発生している。唯でさえイベントは盛りだくさんなのだから、最強大合戦を完璧な修正と共に延期することは出来なかったのだろうか?

今後イベントが開催されるのであればしっかりと「完成」した物をプレイしたい。オレカが好きだからこそそう思うのだが、これは間違いなのだろうか。