読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるめろとは違う

くるめろと貴様は関係ない。

オレカバトル:闇のコロシアム 確率黙示録オレカ―闇の闘技場(コロシアム)編―

 

闇のコロシアムに新アイテムが追加されていた

世界への崩壊も一段落。これまでライシーヤ本体とのバトルをみっちりと行っていた反動で3体スキャン可能=3体もコマンド変化提案が来るのか―!と当たり前のことに歓喜し、旧章キャラクラーの発掘とコマンド育成に手を出しまくっている。

そんな中、闇のコロシアムに新たなモンスター枠が追加されていたことが識者により発見された。闇のコロシアムとはこれまでの既存の★3クラスモンスターの一部(恐らくは★4進化が期待されていたモンスターが進化しなかった事に対する救済)が追加技を覚えることができるアイテムをドロップする場所。

 

f:id:cruelmelody:20160314151041j:plain

そして、今回追加された闇のコロシアム登場モンスターに重装騎士クラン君の姿が。これまで自身が育成していて闇のコロシアムに追加されたモンスターはイムホテプ(ミイラ)くらいだったので、クラン君に新技を覚えさせなくては!とクラン君強化の希望の船、エスポワールgじゃなく、闇コロへと向かった。ざわ…     ざわ…

 

闇コロルーレット…!この概要は…この世の姿そのもの…基本も基本…大原則だっ…!

しかしながら、あなたもご存知かと思うが昨今の闇のコロシアムの状況は少しばかりピーキーだ。闇のコロシアム登場当初こそ登場枠数チーム・モンスター1桁体だった為そのアイテムの回収の難易度は高くはなかったのだが現在は出現チームなんと13チーム、31体…その13チームから出現枠3チームの中に希望の1チームを探し出せたとしてもレアが落ちるとは…限らない……!

ざわ…  ざわ…

そう、つまり完全にルーレットだ。全てが確率の上で進行していく、平等…残酷なまでに平等なルーレット…!

(と言っても当初は出現が1チームのみという相変わらずのギャンブル具合だった。)

これが希望の闘技場、闇のコロシアムの概要だ…!

f:id:cruelmelody:20160314151212j:plain

*ちなみにこちらはこれまでの人生において、A部下線の◯◯君の感情をA~Dの選択肢から選び続ける学生時代を過ごしてきた文系のわたくしが算出したのでほぼ間違いなく、間違っている。

 

なんと7%!10%を上回れば10回に1回と謳えるが、1桁%になってしまうと、つまり100回に7回の可能性。しかしながらこれはつまり14回に1回の確率で起こりうる事だ。ただ気をつけて欲しいのは14枚の中に1枚当たりが入っているクジを1枚、1枚と引いていき、最後14回までに確実に当たりを引く事ができる訳ではない一度引くたびに、この条件はリセットされる。それが…確率!

強運なんかじゃ…なくていいっ…!奇跡もいらないっ…!平運っ…!起こってくれよっ…!オレにごく普通の現象…確率…!

      ざわ…     ざわ…

闇コロと聞いて…すぐある予感が走った…この勝負 運否天賦じゃない…

そんな訳で闇コロルーレットのゲームが始まる。記録の鍵を持っていれば、闇コロのチケットは大魔王杯の景品であったり、様々な場所で入手可能だが一番手っ取り早いのはどうぐ屋だ。ここではゲーム内通貨300G…いや300ペリカで1枚のチケットが入手可能。チケット1枚につき闇コロルーレット1/14の確率を勝ち取る為にチャレンジする権利を得られる。

 

やばい時ほど堂々と…

f:id:cruelmelody:20160314151333j:plain

ここからは黙示録繋がり()の伊藤開司(カイジ)さんの名言も交えて。2枚目のチケットにて目的となるクラン君のいるチームに遭遇。しかしここからが勝負だ、アイテムを落とさなければ意味が無い。2枚目は不発…!

 

常識を逸してこそ開かれる

f:id:cruelmelody:20160314151403j:plain

2回目以降完全に鳴りを潜めたクラン君のチーム、2度目の遭遇…ようやく対峙を果たしたその結果は…不発…!チケット通算12枚使用後…その額3600ペリカ分!もちろんゲーム続行…!

変でいい、変でなきゃダメだ…狂ってなきゃ、逸脱してなきゃ悪魔は殺せない…!常軌を逸してこそ開かれる、勝ちへの道が…! 

   ざわ…

             ざわ…

 

夢だ…これは夢なんだ…

f:id:cruelmelody:20160314151441j:plain

遂に到来した3度目のチャンス。3度目の正直…!が、ノーレア!圧倒的…!ノーレア…!この戦いは運否天賦なのか!

これは夢だ…何か悪い夢に違いない…

一条 「カカカ……! ところがどっこい……夢じゃありません……! 現実です…! これが現実…!」

──『賭博破戒録カイジ』 第125話「灰燼」より

 散財…!5700ペリカ相当の散財…!流石にこの圧倒的ノーレアに視界が歪みぐにゃあ~っとなる。

 

神よっ……!俺を祝福しろ!!

f:id:cruelmelody:20160314151539j:plain

確率がの闇が渦巻く闇のコロシアムは遂にチケット24枚、総額7400ペリカを巻き込む狂気の戦場へ。そして遂に4度目の遭遇。これ以上ハズす事はつまり10000ペリカ散財を意味する。神よ、俺を祝福しろ!!

 

 

 

 

f:id:cruelmelody:20160314152236j:plain

ゲット……!ロイヤル強壮剤…!ゲット……!

遂に手に入った時価総額7400G相当、正にロイヤル…! 圧倒的…!ロイヤル……!

 

こうして終了した闇コロルーレット。ロイヤル強壮剤を手に闇のコロシアムを後にするオレカイジ。この後ジャンケンカードで勝負したり、鉄骨を渡ったり地下帝国でイリーガルな労働をしたりと究極勝負の連続は漫画、賭博黙示録カイジ賭博破戒録カイジ賭博堕天録カイジで読もう。映画もあるよ。

 

クラン君昨今

以前「僕のクラン君は庇うかおもいっきり殴るかの2択です」とハーフ&ハーフ・クランの育成はリーチを迎えている。が、オレカの常である「ラスト一個、来て欲しい変化は1年越しでやって来る」法則が発動しており、2リール5段目最後の★移動待ちとなっている。

f:id:cruelmelody:20160314151752j:plain

そして、闇コロの上記確率との死闘にて手に入れたロイヤル強壮剤。こちらを持たせることによって新技「ビッグシールドアタック」を習得するのだが、とりあえず上のカードはハーフ&ハーフで育て上げ、別枠として”ビッグシールドアタックしかしない”クラン君を育成しようかと検討中だ。

 

 

中間管理録トネガワ(1) (ヤンマガKCスペシャル)

中間管理録トネガワ(1) (ヤンマガKCスペシャル)