読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるめろとは違う

くるめろと貴様は関係ない。

オレカバトル:覇星神ライシーヤ、来寇 覇星神ライシーヤイベント終了 と、帰ってくれないか と、帰らないでの話

オレカバトル『覇星神ライシーヤ、来寇』より

 

覇星神ライシーヤイベントが終了

昨日6日、オレカ界に来寇した覇星神ライシーヤのイベントが終了した。あなたは厄災とされるライシーヤの撃退に成功しただろうか?僕はというと参加までに1週間ほどのラグもあったのだが先日のブログにも記載したように勇者ポイント2500Pと本体戦200勝をなんとか達成し、その後も時間を見つけてはポイント回収とプレイへと向かっていた。

 

すごく楽しい

今回のイベント、個人的に「全国の何処かに実際に存在するバトラーとキワキワの試合=死合を繰り返す」これまでのオレ最強決定戦・大魔王杯のようなスリルを感じることがなく、とても良かった。昨日の敵は今日の友ではないが、これまでのライバルは今日の助っ人、こうしてこれまでの最強バトラーの力を助っ人モンスターとして借りることが出来て協力するという、さらに人それぞれ思うところはあるかと思うがオレカ界を崩壊させんとする巨悪にみんなで立ち向かうという一体感を感じることができる素晴らしいイベントだと感じた。

*僕自身元来競いあって勝者と敗者を明確にする事が苦手なので凄く良かった。

また、これに関しても賛否あるだろうがポイント獲得によるその場での景品交換。今回で言えば鍵飾りやイラストカードは、中盤ダレやすい僕のようなヘタレバトラーにも明確な目的意識を与えてくれた。ただ漠然と順位が存在する場合、全国ランクは雲の上のような手の届かなさが有り、かと言って店舗ランクは1人~数名と味気ないと感じてしまうような状態であり(そもそも順位にもあまり興味がない)それに対して、いついつまでに、◯◯ポイントゲットしたい!と計画をたてられる。そんな訳で僕はこのイベントを完全に楽しめた。

 

システムとかそういった面はもう文句のつけようもないくらいに素晴らしかった。ただ唯一残念というか、ごく個人的な話なのだが。最後までどうしてもライシーヤを憎むことが出来なかった。さんざっぱらライシーヤを思って雨の降る景色を窓から見て物思いにふけっては(ロマンチックあげるよの例のヤツ)キーボードをぶっ叩きまくってきたので「うるさいなぁ、もう」というあなたの気持ちも分かるのだが。

f:id:cruelmelody:20160307205655j:plain

*田舎で見るアレ。和解によるエンドがあってもいいじゃない。

この世には、勝ちと負けしかないのか?

 ってね、マジンボーンでも言ってたんですよ、もう全てこれにつきる感じで。一方が死にもう一方が生き残るのではなくて、森とタタラバ双方に生きる道はないのかっ!と、言ってました。アシタカも、もののけ姫で。そんな譲れぬ願い、共鳴する奇跡があるさマジンボーン!(ライジン!シャイニン!)

 

ツブソーに注意

ラー様が完成したり、リント君が育ったりとかなりいい変化が頻発しているように感じるライシーヤイベント。だが待って欲しい、これはアレだ、良変化連発していると見せかけて実際はプレイ数もいつも以上、そりゃこんなにカードのタワーを建造してたら少しはカードも良化してないと困りますよのパターンだ。特にライシーヤ本体戦は1体のみスキャンということで、感覚が麻痺しているが残念な変化はいっぱいあった。

昨今明光義塾のキャラクターのサボローが人気とかで。

f:id:cruelmelody:20160307211519j:plain

*サボローは受験生をあの手この手でサボらせる憎めない奴。

へらへらと見ていたのだが、ふと「………オレカ界にもこんなん超いるじゃん!」と。この残念変化を引き起こそうとする妖精というか、そんな奴いるなぁと。ということで超雑に書いてみました。オレカ界のサボロー。

 

ツブソー

f:id:cruelmelody:20160307205839j:plain

頑張ってコマンドを育成しやっと入った★移動に「その★★→★★★つぶしてこうげき入れようぜ!」と元気いっぱいのツブソー。オレカをプレイしている際の登場率はダントツで、10回オレカをプレイしたら7回はツブソーがやってくる。

 

タメロー

f:id:cruelmelody:20160307205859j:plain

今日はツブソーが来ないな?と思ったらやってくるタメロー。★移動だろうが必殺の一撃だろうが「いや…そこはためるべきだろ…」とクールに言ってのける。10回オレカをプレイしたら3回はやって来る、カッコよくやって来る。

一番来て欲しい★移動はなかなか来てくれない。二人共、悪いが今日は帰ってくれないか…。

 

ポワ子ちゃんお気をつけて

ライシーヤイベント開催中の激動のオレカ界だったが、さらに先日アップロードされたオレカ野郎全員集合にて突如ポワ子ちゃんの移動=卒業がさらっと発表された。思えば初めてイベントにて目撃した時こそ「うわっ!ポワ子ちゃんじゃん!芸能人じゃん!」と非常にテンションが上ったのだが、ポワ子ちゃんを含めたオレカ野郎3人組は身近さに定評があると勝手に思っていて。そこはかとないスペシャル感というかオーラを感じはすれど、けして手の届かない存在ではないというか。つまりとても身近だった。そんなオレカ野郎がボロにしき、ポワ子ちゃんと、一人また一人、人間界を去っていくのを見るのは、身近に感じる分寂しくもある。ポワ子ちゃんがオレカ界に派遣されるっていうのは残念でもあるがブリューちゃんにとっては良いニュースなのだろう。ポワ子ちゃんお疲れ様でした、お気をつけてオレカ界へ。

f:id:cruelmelody:20160307212038j:plain

 

 

もののけ姫 [Blu-ray]

もののけ姫 [Blu-ray]

 
もののけ姫 [DVD]

もののけ姫 [DVD]

 

 

マジンボーン01 BF ドラゴンボーン

マジンボーン01 BF ドラゴンボーン