読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるめろとは違う

くるめろと貴様は関係ない。

オレカバトル:新5章 最終解禁は12日か!?  どうなるの魔海

オレカバトル 新5章 氷劇の行路 YouTubeでオレカ

オレカバトル新5章『氷劇の航路』より

 

氷劇の行路

新5章となる 氷劇の行路も2次解禁を終え残すは最終解禁を待つだけとなった。初回解禁時の「なんで魔海のお話なのに行路≠航路なの?」という謎も、新5章主人公スノー君が背負う宿命「バローロの封印を護ってきた一族の末裔」という事実が徐々に明らかになり、”そもそもの氷劇の元凶が生まれ魔海へと侵食していった理由”という部分へのクローズアップとしての「行路」なのかと、極個人的に勝手に超納得している。なるほどーなるほどー。

 

海王バローロとゴゴゴゴゴゴ!


オレカバトル 海王バローロVSくるめろ カットイン(キャプテンアズール・氷騎士スノー) - YouTube

そんな海王バローロとのバトルを今更ながらYoutubeにアップしてみました。動画を撮って確認してて気づいたのは、ジョジョとかのゴゴゴはこう、なんていうか空気感を表すものだと思うんだけど、バローロさんてばゴゴゴゴゴゴ…って自分で言っているのね。恐怖の演出を自分のボイパ(違います)で表現する海王は怖い。

 

時系列で言うと

これまでの旧1章・旧5章・新1章と今回の新5章の時系列を個人的憶測で並べさせて頂けるなら

  • クジェスカが魔海を統治
  • アズール達海賊の登場(5)
  • クジェスカ、バローロの封印をとく(5)
  • アズールバローロから呪宝を手に入れる(5章と新5章のリンク)
  • アズール、クジェスカとの対決で魔王化・メロウの死・ダンテの放浪・ポワンの呪い等、新1章→旧5章へ

なのかな、と勝手に予想しているのだけど。新4章がアレスVSラフロイグ以後の話だった事に対し、新5章はアズールVSクジェスカ以前の話に。ここで僕の敬愛する、大先生・出水ぽすか大先生(2回!)のオレカモンスターズ冒険列伝旧5章編との間に若干の時空のねじれが発生してしまう。

だが、問題ないッ!オレカはストーリーのメインラインにてキャラクターの光と影を分岐するIFやパラレルワールドのような別次元を平行して失敗と成功を繰り返す物語だと感じているので、つまりこの新5章の世界はアズールバローロから呪宝を手にした”世界線”のお話なのだ。完全に問題ない。

ちなみにぽすか先生の描くアズール編はとんでもなくロマンティックなのでこれまでのおさらいも兼ねて読もう。

  

オレカバトルに於いて人魚姫伝説は覆るのか

アンデルセン童話の人魚姫。ご存知だと思う。この「人魚姫」のストーリーの中にある

  • 嵐に遭い難破した船から溺死寸前の王子を救い出した人魚姫は、王子に恋心を抱く。
  • 人魚姫は海の魔女の家を訪れ、声と引き換えに尻尾を人間の足に変える飲み薬を貰う。

 という部分。

新旧1・5章を取り巻く海賊アズールとメロウのストーリー、メロウをアズールが救い、人魚は彼に恋をし、魔皇クジェスカへと「声=自身の意思」と引き換えに「人間の足」を手に入れる…と、アンデルセン童話の「人魚姫」に酷似している。

が、次回解禁となる新5章最終解禁はアズールとメロウの”その後に関わる重要な内容”が含まれているようであり、前述のオレカの「光と影を分岐するIFやパラレルワールド」の世界にて、童話の中で泡と化していく人魚姫の物語は覆る可能性があるのだ。

これまで幾多の氷劇を生んだ魔海は新5章にて遂に救済されるのか。真の魔海の、魂の救済とは何か?最終解禁を刮目せよ。

と、ここまで書いてて思ったのは、パラレルのグッドエンドとバンドエンドを行き来する物語。なんか凄いエヴァっぽい。以前悪ふざけで作ったエヴァポスター風の糞コラもここまで来るとなんだか、アレはアレでありだったよね感あふれる。

f:id:cruelmelody:20150810215435j:plain

f:id:cruelmelody:20150810215413j:plain f:id:cruelmelody:20150810215457j:plain

f:id:cruelmelody:20150810215525j:plain

 

 

突如として親子喧嘩(そして今解禁唯一のカットイン)

新5章解禁時のスノー君VSイエイエティのカットインが、そんな魔海の暗黒を照らすような、ある種のファニー枠的なノリで登場したのも記憶に新しい。新5章2次解禁がカットインによりどんな情報でこの魔海の謎を突き詰めてくれるのかと思っていたのだが、まさかのキャラクターがまさかの情報を伴っての登場となった。

f:id:cruelmelody:20150810213742j:plain

*文字列だけで鼓膜がはじけ飛びそうなほどにソウルフル。

旧5章にて登場となったヨルドの親父エイリークの登場だ。これまでのヨルド君の「父さん…いつか父さんの様になりたい」的な言動から、僕はてっきり親父さんは死んでいるものだとばかり思っていたのだが完全に生きていた。さらに言うと、カットインからお分かりの通り相当元気な方向でご存命だ。こらぁあああーーー!

f:id:cruelmelody:20150810213756j:plain

お前ーーー!!ヨルドーーーーー!!!どこいっとったんじゃあああー!!

*すげぇ、元気じゃねーですか。

  

人魚姫

人魚姫

 
にんぎょひめ―アンデルセンのおひめさま (絵本単品)

にんぎょひめ―アンデルセンのおひめさま (絵本単品)