読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるめろとは違う

くるめろと貴様は関係ない。

オレカバトル:5章 ヘイムダル育成と、アースガルドの逆転ラグナロク

オレカバトル5章『氷劇の海域』

f:id:cruelmelody:20150604134128j:plain

オレカバトラー

昨今はヒーローバンクの事ばかり書いてなにが「くるめろとは違う烈伝」だよ、とお怒りの皆様、こんにちはくるめろだよ。いや違うんですよ、ヒーローバンク・アーケードが終わっちゃいそうなので致し方かなったのだ。隣で点滴受けながら脈拍のモニターの波長がピコーン…ピコーン…ピーーー!…ピコーン…と日々微弱になって行くヒーローバンクを尻目に今日も元気モリモリでドS変化を叩きつけてくるパンドラを相手にできるほど僕のメンタルは強くなかった。でも、やっていたんですオレカバトルは。

 

ヘイムダル

個人的にハイパークールでずっと気になってはいたがその技の多様さから「育成が辛そう…」とノータッチだったヘイムダル。検索能力の低い僕がWEBにて調べてみても「こうすれば…いいんじゃない…?たぶん…」と皆様このヘイムダルの多様性に手を焼いているようであり、ならば育ててやろうじゃないか!と元来の天邪鬼がバースト。昨今のアレス連れ回しに同行させていた。

f:id:cruelmelody:20150604222423j:plain

こうげき・こうげき!・ドレイン(!・!!)・EX+1~4・ミーミルの笛・魂を狩る笛と技が多様すぎて★移動の変化が抽選されづらく、かなり苦労したが現在はこんな形に。

日頃から脳筋全開であり、さらにヘイムダルはカッコイイからできればヘイムダルをアタッカーにしたい。なのでEX系のサポート技ではなく、3リールの「魂を狩る笛」を目指すような相変わらず自由すぎるコマンド育成を行ってみた。

 

技だが

  • ミーミルの笛

発動後、味方行動+2、敵行動+1と誰かが動く度に自軍のEXが加算されていく。ターン経過によって増加量も増える。発動後は攻撃を受けるまで吹き続ける。(が、ヘイムダルは笛を吹いているので行動不可)

  • 魂を狩る笛

発動後、敵の行動後にAT100%前後の攻撃を自動で与え、ダメージの60%程ヘイムダルのみが回復する。こちらもター経過によってダメージ値が増加し続け、攻撃を受けるまで止まらない。(が、ヘイムダルは笛を吹いているので行動不可)

  • EX終焉を告げる笛

発動後、敵のEXを減らし、自軍のEXゲージを満タンに。ヘイムダルが笛を吹き続けている間はこの状態が延々と続く。(が、ヘイムダルは笛を吹いているので行動不可)

 

ロックンローラーのヘイムダルを輝かせるために

このヘイムダル。とにかくNO MUSIC NO LIFE状態で、専用の~の笛は発動後は誰かに邪魔をされるまでその自慢の笛演奏をやめる気がないというロックンローラーぶりだ。とは言え、その技はどれもかなり優秀。しかしながら全体的に低めに設定されたステータスのせいかその能力も生かし切れずにマジでNO MUSIC ,NO LIFE(演奏もできずに退場)してしまうことが多く、ヘイムダルのロックなリサイタルを誰にも邪魔させないためにそれ相応の対策が必要となってきそうだ。

 

北欧神話ラグナロク

北欧神話ラグナロクという最終戦争で1つの終末を迎える。このラグナロクキリスト教でいうとこのハルマゲドンのようなもので、光の神とされるヘイムダルはこの神々が住む「アースガルド」という世界を見守る番人であり、この終末:ラグナロクの訪れの際に彼の持っている角笛「ギャラルホルン」で警笛を鳴らす役割を果たしていたようだ。

 

そして狡知の神ロキの背信によりラグナロクが訪れ、北欧の神々は自らの領地であるアースガルドに攻め入ってきた巨人達と戦う。

オレカに登場する北欧神話キャラクターはこのラグナロクの中で

なっているそうで、ヘイムダルはギャラルホルンにてラグナロクをアースガルズに伝えた後に、ロキと対峙し相打ちとなっている。

そもそもロキはこのラグナロクアースガルドへと攻め込んだ巨人族の血を引いている複雑な神なようで、ラグナロクにおいても迎え入れられたアースガルドを裏切り巨人族の陣営へ付くなどトリックスターぶりを発揮している。こうして見るとロキ強えーー!オレカでのチートぶりも納得。

ちょろっと調べただけでも北欧神話は相当ぶっ飛んでいて、それでいて壮大な物語であり興味が湧いてくる。ラグナロクにて全ての神々が死に世界は大海に沈み、また再生を繰り返すというラストも壮大。僕らバトラーがワルキューレのパンツが見えそうとかあれはパンツじゃないからセーフ!等と言った論争に興じているのが悲しくなるほどに壮大だ。

 

ヘイムダルとロキの逆転ラグナロク

ヘイムダルを育成していく中で、あるポーズがどうしても頭に残ってしまい、さらに神話の世界で戦ったとされるロキがEXにて証言台へと立つ事で完全に分かってしまった。彼等は裁判で戦ったに違いない。

f:id:cruelmelody:20150604134109j:plain

 

f:id:cruelmelody:20150604222454j:plain

聞きたまえ!○☓△&#$&~~~~!!

 

f:id:cruelmelody:20150604222516j:plain

待った!!

 

 

f:id:cruelmelody:20150604134209j:plain

異議あり

\ヘム、ヘム歩堂君!!/

 

って、なんかこの二人のポーズとか何だか逆転裁判ぽいよね?当然ながら全て嘘なのでダマされるなよ!

 

大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-

大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-