読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるめろとは違う

くるめろと貴様は関係ない。

オレカバトル:新4章 2次解禁前夜 赤熱の灼鉄竜スティールドラゴンが来る…ッ!

オレカバトル新4章2次解禁『赤熱の灼鉄竜スティールドラゴン解禁』より

 

f:id:cruelmelody:20150414182426p:plain

遂に本日15日に解禁となるオレカバトル新4章2次解禁。今回も早いもので週末にはWEBのモノリス達から僕達バトラーをスターチャイルドへと導く文字情報のフラゲが促され、僕も本日コロコロをゲットし確認となった。前回新3章2次解禁時同様の平日解禁となり、平日なんて滅んでしまえとハンカチを噛みちぎりぶん回りまくっている。衛生兵!噛みちぎるハンカチが足りない!もっとハンカチを!

 

赤熱の灼鉄竜スティールドラゴンが来る…ッ!

しかしながら、このデジャブ感。そうつまり、新3章の2次解禁時に感じた当惑感というべきか、その内容はWEB上でも最早確信となりつつある物議を以ってして話題となっている。今回の解禁モンスターは通常よりも1体多い全9体。その内容はこちらだ。

 

OB04-??? ★

アヴァドンフード

 

OB04-076 ★★★★

魔王アヴァドン

アイテム:金のクロッシュ

作成:アヴァドンフード+金のクロッシュ

 

OB04-??? ★★

シルフィード

 

OB04-??? ★★★★

大富豪アリバ

 

OB04-079 ★★★★

炎獣人ヴァルカン

アイテム:炎獣人のツメ

作成:ヴァルカン+炎獣人のツメ

 

OB04-??? ★★

邪神チビムウス

 

OB04-081 ★★★★

メタルゴーレム

アイテム:邪鉱物

作成:邪煉瓦+邪鉱物

 

OB04-082 ★★★★

灼鉄竜スティールドラゴン

アイテム:スティールウール

作成:黒鉄竜アイアンドラゴン(スティールウール所持)+

 

OMOC-002 ★★

ジンジャーエイル

作成:コロコロ付録の「にんげんの神邪エイル」+神邪ハイボール

 

以上となっている。

 

ドラクエかっ!!(新3章2次解禁に続く3ヶ月ぶり2回目)

ほぼすべてのモンスターが色違いと装飾変化の追加進化という状況に辟易する。コレに関しては先日Twitterでも若干荒ぶってはいたのだけど、どうしてこうなってしまったのか。以前を振り返ってみてもこれまでの2次解禁では

  • 新序章、パズ(進化有り)・ダムキナ・エンキ
  • 1章、ミジンコ・ソラクジラ・フリート(進化有り)・四式
  • 2章、ジェイル(進化有り)・アンキロ(進化有り)・グノーム

と完全新規グラフィックの新キャラ(解禁内にて進化有り)が複数体登場していたが、新3章では完全新規はオロシのみ。そして、新4章ではご覧のとおり

色替え

  • アヴァドン・チビムウス・ゴーレム・ドラゴン

申し訳程度に装飾が増えるクラスアップ追加進化(パズズや風魔的なスタイル)

となり、新規グラフィックを伴うモンスターはジンジャーエイルのみ(アヴァドンフードは除外)となってしまっている。

新3章2次解禁時に僕はその色替え消化率の高さに「オレカのドラクエ化が深刻」だと同じく色違いで沢山のモンスターが差別化されているドラクエを持ちだして茶化したのだが、新3章にはクラス4の新規モンスターである「風陰の族長オロシ」がいた事でまだ体裁が保てたように、今となっては感じている。

その時のブログはこちら。

オレカバトル:新3章2次解禁前夜 風陰の族長オロシが来る……ッ!! - くるめろとは違う

 

Now Testify

僕自身も出来ればポジティブにピースにやっていたい。時たま現れるもくもくと渦を巻くダーティーな怒りに対しても、出来れば冗談でやり過ごしたい。だからって当たりざわりのない微笑みおじさんに成り下がることが本当にピースだなんて。僕は、思わないね。

f:id:cruelmelody:20150415001321j:plain

こういったネガティブなワードを連ねると反感を抱かれる方も多いとは思うのだけど、さすがに言いたい事を言いたいし、書きたいことを書きたい。そして、今僕が思うに、この状況は。「追加進化だわ~い!」とポジティブこそが平穏とし、何の疑問も呈さずに与えられるものに寛容に、両手放しで盛り上がるには、度を越していると思うんだ。これは、好きなキャラが好きな様にならないから嫌だといった、子供染みた駄々ではない。

これについて感じる既視感、アニメだ。僕が空気として感じたオレカバトルのアニメの根底にある「つまらないことは大前提として、その中で楽しめる部分を各々が探す」というある意味インタラクティブな部分。こういった闇、これを「好きな人だっているのだから、楽しめる人がいるのだから」と、既に爆死を通り越して爆発四散しているアニメを横目に、許容することは本当にポジティブでピースなのか。こういった事が積み重なっていく中で。その傍観は、何を生む。

 

 

Battle of Los Angeles

Battle of Los Angeles