読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるめろとは違う

くるめろと貴様は関係ない。

オレカバトル:新4章 俺のピートーがこんなにかわいいわけがない

オレカバトル新4章『灼熱の煉獄』より

f:id:cruelmelody:20150408115637j:plain

く…体が冷えてゆく…。

なにこれ、今日超寒いですねくるめろです。オレカバトルお試しプレイに奇声を上げながら駆け寄っていったかと思えば勝手に切なくなって辞めたりの昨今。長いことアレスやファントム等の★4モンスター育成ばかりしていると、★→★★系の変化の入り方を忘れるというか、★移動はこうげき!に変わるもので、「最近、あいつ(★→)見なくない?」と完全に”こうげき!や専用技等が★移動へ変化する”事を忘れがちになる。

そういった意味で、最近ゲットした★2アルカやポワンはばんばん★→系のリールアップ提案がやってきてくれるので「確率ってこういう事だよね!平等に提案が来るね!」と、育成することで心に平穏が訪れる。

 

ピートーのコマンド変化って君のもこんな感じ?

そんな中で、3月14日の解禁日からスキャンし続けてきたというのに、相当なコマンド変化の渋り方を見せ未だに大暴れしているモンスター、ピートー。本当に僕のピートーと来たら★移動の提案が皆無に等しく、物凄い回数スキャンしているというのにこの状況だ。

f:id:cruelmelody:20150408210745j:plain

コマンド潜在やHP/AT潜在を何枚か排出しそれぞれを複数回読み込んでみたが、彼には究極のコマンドアップ「火に油を注ぐ」が有るためか中々★移動の提案が来てくれず。ごちゃごちゃと複数枚を試した中で初めて★移動をくれた個体を「君に決めたァァァ!」と育成したため、自分でも彼がどの能力を秘めているのかわからない状況に。

現状では2リールの「こうげき!→ためる」や「燃えている→こうげき」の提案が多く、2リールはこれが限界なのかもしれない。如何せん、コマンド潜在かどうかすら失念してしまっているのであまり参考にはならないかもしれない。

僕は防御アップする暇があるなら一発殴りたいタイプの脳筋バトラーなのでとにかく打撃で埋めたい。火に油を注ぐは相手にもアドバンテージを与えてしまうので、その前に殴りたい。3リールは炎のこぶしが5個から劣化の提案が多いのでこちらもこれが限界かしら?

 

技だが

火に油を注ぐ

  • 火属性モンスターのコマンドを最終リールまでコマンドアップさせる。が、自軍敵軍双方へ効果があるので敵に火属性がいる場合は注意が必要

火の用心

  • 全体防御力アップ、属性特防もありそう?

燃えるこぶし

  • 単体指定AT200%の火属性物理技

EX技

  • 自身のHPはゼロとなるが全体に300%以上の打撃を与える自爆技

となっている。

 

現状、新4章における最kawa案件

f:id:cruelmelody:20150408120053j:plain

このピートーがとにかく可愛い。何が可愛いってまず巨大、巨大なのに可愛い。手も可愛い、手が4本あるのに足がないあたりがsuper kawaii。4本ある手の内2本は口を押さえてないといけないのも可愛い。

あと声が異様に野太く、手で口を抑えているせいで、何を言ってるのか聞き取りづらいのも可愛い。サウスパークのケニーみたい。死への距離感もケニーみたい。大変だ!ピートが死んじゃった!この!ひとでなし!そんな訳で最近はピートーパパラッチおじさんだよ。

 

ラフロイグとピート、ファントムとピートー

f:id:cruelmelody:20150408120128j:plain

WEBの賢人がこんなカットインを発見してくれ、さらにピートーの可愛さが加速している。オーディンに続く2度めの無言カットイン。喋らない所がまたかわいい。

この二人の関係性は完全に謎だが、ピート/ピートーが王国に属するモンスターでない事はなんとなく理解できるので、ラフロイグ/ファントムとピート/ピートー魔界軍の魔皇と部下という立ち位置になるのだろう。そこで、ファントム(亡霊)と化したかつての魔皇との対峙にピートーは何を思うのか。

新・旧章のストーリーがマッシュアップされたカットインの登場に今後の展開から目が離せない。黒炎竜の火種が進化してダークピートーとかに…ッ!ならないよね~。

 

ピートー可愛い。遂に今週末発売となるオレ完全カードファイルには新4章の2次解禁情報載ってないかな、載ってたらいいな。