読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるめろとは違う

くるめろと貴様は関係ない。

オレカバトル:新3章 疾風の騎士ハヤテはアレ?アレ、どこかで?アレ?

オレカバトル新3章『風陰の陰謀』より

 

分岐、または深化していく

オレカバトル新3章のハヤテ君が最終解禁にて風陰の戦士時代からの仮面を外し、疾風の騎士として登場となった。主人公の★3への分岐進化(あるいは平行進化)は新序章より恒例となっており、

  • 新序章ではバーンの光と闇
  • 新2章では囚人と大地の騎士、二通りのロック
  • 新3章は迷える風として彷徨う風陰の戦士時代と、濁りなき風となった疾風の騎士のハヤテ

…と、振り返ってみていたら、新1章だけ分岐がなかった。フロウ君の記憶喪失とかフラグバリバリの伏線が、平行進化にて「流水の王子」とかそういった分岐を見れたらなぁ~面白かったのになぁ~とかちょっと残念がりつつ、逆にフロウの章では他では見られない新主人公の仲間ポジションであるケルーが★4へと新章シリーズの中で唯一進化してたりするからケルー侮れない。

 

疾風の騎士ハヤテ

f:id:cruelmelody:20150214173100j:plain

非常に申し訳ない状態となっている疾風ハヤテ君。個人的には仮面を纏った不気味な風陰戦士時代のほうが気に入っておりこのような状況に。

風陰戦士時代の「マスクで素性を隠し全身を覆うマントをひるがえす姿」はバットマンのようなダークヒーローを連想させるというか、さらに自身の行動に悩みながらも正義の為に(誤解だったとしても)裏切り者の逆賊として生きる姿はとてもダークヒーロー感が溢れてて好きだ。

そういった意味では疾風の騎士は完全に吹っ切れており、誠実さを感じる正統派。顔面も丸出しでありスーパーマン的なスタンスを勝手に感じている。

ちなみに、マスク時代からの技の風車を引き継いでおり色々と、特に顔面あたりが話題に。

 

疾風の騎士ハヤテのベルトは凄く変身出来そう

疾風ハヤテ君は初見からベルトの事が気になって仕方がない。コレまでの主人公騎士達もそれぞれ対応するようなモチーフ付きのベルトを締めているが(ロックのみ例外)ハヤテ君のベルトは完全に変身できそう、仮面の人に。


レッツゴー!!ライダーキック - YouTube

*再生すると何かが高まるかもしれません。

 

そう考えたらハヤテ君は仮面もつけているわけでもう完全に仮面ライダー。イケメンハヤテ君が風陰戦士に変身するに違いないのだ。

f:id:cruelmelody:20150306232850j:plain

でも、実際には風陰戦士→疾風騎士の流れなので”元仮面”ライダーだよね。

 

ハヤテェ~変身!トゥッ!

仮面ライダーハヤテは上空に向かってではなく、地面と水平に手を回転させながら飛んで変身するぞ、ユニークだねっ!

 

「ライダー」って…ハヤテ君は何にライディングするんですかって、風にですよ、風に。最近のライダーは電車に乗ったり、宇宙に飛んでったり、車に乗ったり、自由度高いじゃないですか?だから「風にのる」くらいどうってこと無いんで、大丈夫です。立派なライダーです。

 

DXハヤテドライバー

f:id:cruelmelody:20150306232947j:plain

そうなってくると、こういうのも必要になってくるのだ。初回はガンガンに出荷数を絞って、品薄状態で世の親御さんに混乱を与えつつ、その後はこのハヤテドライバーにセットする「風陰銭(フウインメダル)」をソーセージとかチョコとかガムに物凄い種類つけて、こっちも数をえげつなく絞る。消費者の潜在意識に「見た瞬間に購入したくなる」ように植え付ける。

さらにガチャガチャも展開、もちろんバッキバキに数量を絞る。絞りこみはもはや常識。ガチャガチャには「風陰神社」というミニゲーム筐体をつけて、勝負に勝つと限定銭で最強の「支配者古銭(オロシメダル)」が手に入るって寸法よ。

 

仮面ハヤテ―!かめーんハヤテ―!ハヤテー↓!ハヤテー↑!