くるめろとは違う

くるめろと貴様は関係ない。

オレカバトル:番外 パンドラのメダルで鉄骨を渡れ!

オレカバトル:番外『パンドラのメダル』より

 

オレカバトルからのスピンオフ!パンドラのメダルが稼動開始

先月、2月20日よりオレカバトルから派生した新型メダルゲーム筐体『パンドラのメダル』が稼動を開始した。ゲームショーやショッピングモール等で何度かロケテストが行なわれていたのは知ってはいたが、カードを排出する筐体とは違い、報酬はコインのみとギャンブル感溢れていたので少しばかり腰が重くなってしまった。

ここにきて「新オレカバトルZ!」とか「オレカバトライジング」みたいな新型筐体ではなく、よりによってメダルゲーム化とは、やはりコナミの戦略は少しばかり斜め上をえぐっている。

 

そんなわけで遅ればせながら行ってまいりました。

f:id:cruelmelody:20140324224741j:plain

そんなわけで比較的近所のショッピングモールに導入されているということで行って参りました。

まず、このパンドラのメダルはシステムが結構オリジナリティーに溢れており(といってもメダルゲームには疎いのだが)、投入されたメダルはデジタルのディスプレイ上で管理され、それをコントロールスティックとボタンでゲーム画面上の大砲で表示された的(カード)をバンバンと討って行く事で増減していく様な構成になっている。

f:id:cruelmelody:20140324224833j:plain

また、ゲームスタート!的な開始ポイントは無く、プレイ開始時は前にプレイした人の戦闘をそのまま引き継ぐようなスタイルに。落としたカードはそのカードに指定してある枚数のコインの獲得と、さらにカードのモンスターが敵へ攻撃をしていく。

召喚のカードのみ自身のモンスターを召喚可能、通常敵を4体倒すとボス登場となり、ボス戦終了後、章の選択画面となる。

 

お金がえらい勢いで溶けていく

メダルゲームはどうやら大前提として、プレイするゲームセンターのメダル交換のレートに大きく左右されるようで、僕がプレイしたゲームセンターでは1000円で100枚(くらいだったかな)と1枚10円くらいのレートだった。プレイして感じた事は、30分ほど楽しむためには1人100枚以上メダルを用意して2人で協力プレー、とにかく召喚のみを狙うということ。

 

f:id:cruelmelody:20140324225045j:plain

基本的に召喚以外の的(カード)はメダル2枚~30枚とバリエーションがあるのだが、メダル2枚獲得のカードを落とす為に3枚メダルが必要だったり、15枚のカードとかはこれマジで落ちるの?状態なのでとにかく召喚のみを狙う。

召喚をゲットできれば、自身のカードを読み取りでき、特殊な抽選に移る。この抽選はオレカバトルの攻撃フェイズと同様の操作で、こうげきなどがメダル10枚と置き換えられ★移動は次のリールへ。3~4リールまで行くことが出来れば最大で200~300枚を手にすることも出来るようだ。僕は初回、この召喚を駆使せずにメダル5枚等を狙ってプレイしていき一瞬で1000円が消えた。

 

f:id:cruelmelody:20140324225118j:plain

召還によってはこのような高額当選も。

 

賭博黙示録オレカ!沼とか、地下とか。

この地下王国では1ペリカ=10円。そういったわけで労働にて稼いだ僕の3000円はこのイオンモールこと、地下王国において300ペリカに交換される。なんだ!たったの300枚くらいなら別に多くもないし!と、このペリカをジャブジャブとデジタル制御されたメダルマシーンに突っ込む。

ペリカという架空の貨幣とレートの曖昧さが金銭感覚を狂わせるのであって、100円玉をジャリジャリと筐体に突っ込めば正常な思考を取り戻せるかとも思ったのだけども…。よく考えたら、よりハイエンドでカード排出まで付いてくる依存性の強い元ゲーのオレカバトルはこの感覚で行くと1プレイにつき10ペリカ!ワンプレイ10ペリカ

しかしワンプレイしたらもう止まらない........!気が付けば..........豪遊っ…!くる太郎、2日続けての豪遊っ…!である。

つまり、僕が伝えたいことはお金を一度メダルに交換するとマジで感覚が狂って30分後に「3000円が30分も掛からずに消えた…マジか…10分1000円ってマジか…。」と、とんでもない虚無感と喪失感に見舞われるよって事である。

 

こんな事いってますけど、結構面白いです。

がちゃがちゃと嫌味なジョークで煽っているが、結構楽しめた。しっかりとカードと連動し全キャラクター導入されていて、読み込めないキャラクターがおらず新序章のカードを試しに突っ込んでみたがしっかりと召喚されたりと、今後もアップデートには対応していくようだ。

また、縦画面だったオレカバトルとは違い、横画面を生かした画面構成もされていて、今までとは少し違った角度や距離感で動くキャラクターのグラフィックもかなり新鮮で良い。

ただ、1点だけ気になったのは「★4召喚」が極端に少なく、発動し辛い点。小さいお子さん向けなので当然なのかもしれないが、★2・★3の召喚は多数出現するのだが大きいお子さんでぶん回してる系のお友達な僕等(つまりあなたも!)は★4カードがカードケースに溢れていることが多いのではないだろうか?

なので個人的な希望としては抽選のメダル報酬は少な目でも★3据え置きでもいいのでもう少し★4モンスターが暴れまわれるような環境をお願い致したいところ。

 

オレカバトル メタルデッキケース ファイヤver.

オレカバトル メタルデッキケース ファイヤver.

 

 

広告を非表示にする